Home > 2008年02月

2008年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

大先輩?

080227-TCG-twoshot.jpg

昨日の交流会で久しぶりのツーショット。
何を隠そう、私がこの業界にいるのも
ジャンレノいやこの方、山中正一さんのおかげです。

年は2つ先輩で、
高校が同じ(彼は私のことを知らない…
でもこちらは、ハーフの人とばかり思っててた)

で、たまたま専門学校が同じで、寮も同じ。
(会ってびっくり)
で、高知の某印刷会社に誘ってくれたのも彼。
で、独立前のデザイン事務所に
引っ張ってくれたのも彼。

20代の頃はよく一緒に飲みにいって
バカばっかりやってました。

それからは、別々の道になってしまったけど
いつもいつも、追いつこうと思ってた人。

いつしか、それぞれの事務所でやることになって
早いもので20年くらいかな。

現在ファクトデザイン事務所で専務さんをなさってます。
とにかく、忙しく動き回る人、
バイタリティあふれ、楽しい方です。

TCGいっしょに盛り上げていきましょう。

高知のクリエイター大集合!

浅葉さんと眞木さんを交えてミニトーク&交流会に参加。
おふたりのこれまで創ってきたものを
プロジェクターで見ながら、制作秘話を聞いた。

改めて思う、

人を感動させること

人を動かせること、

人を元気にさせること

広告には、やはりそんな夢やロマンがあるのだと
再認識させられる。
はたして、自分はどうか…

毎日、流されてしまってないか…

080227-TCG-asaba.jpg
浅葉克己


後半は高知クリエイターズクラブ(仮称)発足に向けての
準備検討を提案した。

まず「土佐クリエイターズギルド」という
すばらしいネーミングを眞木さんから提案いただき
全員賛同で前向きに進むことが決まった。

020826-TCG-maki.jpg
眞木準

これからの活動を通じて
少しでも高知の業界がよくなって
少しでも、クライアントのため、
そして生活者のためになれば。
それが今デザインのできること だと思う。

不肖、高橋も発起人のひとりとして
あいさつをさせていただきました。
次回の正式発足に向けて準備がはじまります。
080227-TCG-takahashi.jpg

左となりは会の準備やら事務作業をお世話いただいた
K広告代理店の高橋氏です(ふたりとも高橋で…)
おつかれさまです。

コーディネートしていただいた城井○邦さんです。※○は広の旧字です
ありがとうございました。
080227-TCG-shiroshita.jpg

080227-TCG-kaijyo.jpg

会場を貸し切っての超満員、大盛況。
まだまだ、声を掛けきれていない方も多く
次回には、もっともっと多くの参加・賛同者を集めたいものです。

Continue reading

浅葉克己氏&眞木準氏来高

080226-kuko01.jpg


定刻10分遅れで東京より浅葉氏が来高。
(眞木氏は先の便ですでに高知入り)
今日は空港まで、広告代理店の方と出迎えに行ってきた。

浅葉さんは知る人ぞ、知る
著名なグラフィックデザイナー。
いやアートディレクターかな。
いやいや、日本卓球親善大使かも。


明日、開かれる「高知クリエイターズ交流会」のゲストとして、
浅葉克己氏とコピーライターの眞木準氏が招かれ
総勢約60人が集う会となる予定。

おふたりを知らない方に少し紹介をすると
西武百貨店「おいしい生活」のポスターや、
「でっかいどぉ。北海道」、見たことや聞いたことありませんか。

そう、おふたりは

ボクたちの若き時代には羨望の的だった方なのです。

市内の懇談会会場までクルマの中でしばし雑談。
浅葉さんとは所属するJAGDAの全国大会などで、
何回か会ってはいるのだが、これほど近くで
ゆっくりとしゃべる機会は初めて。

あしたの交流会が楽しみです。

のんびり日曜

020824-tire02.jpg


午前中、少し事務所に出て用件を済ませ
(あっ、岡林君、今週もおつかれっす)
昼から片付けやら、本屋やら出かけ
帰ってきたらもう午後4時。

普段ならこの時間から走り始めるのだが
週末ジョグは、右アキレス腱痛のため今日はお休み。
2週間くらい走らない方がいいみたい。


で、久しぶりに洗車をした。
といっても、3日前にスタンドへ出して
洗ってもらっていたのだが
ホイルがすぐ汚れてしまうので
タイヤ周りだけ洗った…(苦笑)


何か、忘れ物したような日曜でした。
今週から「BUSY MODE」へ切り替えます。

秒進分歩

当たり前のように、日常の中にとけ込んでいるインターネット。
インターネットを生みだしたのが「ティム・バーナーズ=リー」という
ロンドン生まれの学者だったことを、今日知った。
まさしくwww生みの親だ。

世界初のウェブサイト公開が1991年。

95年にはYahooが登場(Yahoo Japan)は翌年。

97年には楽天、

98年にはGoogle(日本語版は2000年)

03年、i-Tunes

04年、mixi

05年、You Tube

ざっとこれまでの20年間を振り返るとこんな感じだ。

今日のWeb環境があるのも、
このティム・バーナーズ=リー氏が
社会全体への貢献を第一義とし
特許も使用料も徴収しなかったことにつきる。

自由に競争ができ、切磋琢磨の企業努力と
生活者の欲求とが見事に合致した結果だからだ。
いずれにしても彼の功績なくては、
このブログも書けなかったということか。

改めて感謝したいと思う。

20年前、誰がこの急速なネット社会を想像できただろうか。
(いや、確実に普及したのは10年位前だと思う)

先の年表を見ながら、思った。
自分たちもその流れと似たような形でパソコンを導入したり
ホームページの仕事に携わったりとしているではないか。

秒進分歩

さあ、これから先はどうなっていくのか。

デザインがやれることは、まだまだ、たくさんあるのでは?。

考えていると楽しい。

わくわくさせてくれるような記事を目にした週末でした。

白ごまぷりん

080221-pudding.jpg

先日おすそわけでもらった
白ごまぷりんをいただきました。

香美市にあるアオイコーポレーションの
管理栄養士さんたちが開発した「ぷりん」で、
栄養機能食品の認可も受けています。
ごまの風味が適度に口の中で広がって、
甘すぎず、香ばしくちょうどいい感じ。

土佐山田町のバリューで売っているそうです。
また、どこかで見かけたら気にとめてやってください。
www.e-aoi.jp

デザインを愛でる=文字組

080219-poster.jpg

帯屋町アーケードを歩いていたら
現在工事中の防護壁に貼ってあったポスター。
ちょっと気になるデザインだったので写してきました。
誰が創ったのかはわかりませんが…
決して批評ではありませんのであしからず…

文字組みがきれいな、というより
文字に気を使っているデザインってやっぱ自分は好きだから。
どうしても目に止めることが多い。
何気ないとこに「こだわり」とか技を感じてしまう。
文字組みだけのデザインは時にさびしかったり
デコラティブなものを求められるとつらいものがあるけど

やっぱ、文字は基本と思ってます。

いつものガス抜きは無料

080218-jogneta02.jpg

080218-jogneta01.jpg


定番の週末ジョグ。
いつも夕方前から走っている。
走って帰る時間を想定して、4時くらいからスタート。
少しづつ、日の入りも長くなってきた。

なんかこの時間帯っておだやかな気分になる。

学生の頃は、あした月曜日だ…憂鬱
なんてこともあったけど、仕事をはじめてからは
不思議と月曜日がイヤだと思ったことはない。

好きなことでメシ喰っていけてるから「ありがたい」と
いつも思うし、みんなからうらやましがられる。
好きだからこそ、つらいと思わないんだろう。

しんどい時は、いつも終わってる時のこと考えている。
そう、2週間後にはイヤでもこのしんどい局面は
乗り切っているって。
ジョギングやランニングも近いところがあると言えばあるのかな。

ま、こちらの楽しみは一種のストレス解消ということで。
昨日もがんばって10km。
帰って湯舟につかると「はあ~極楽、極楽」
写真はいつもゴールにしてる橋からの眺めです。

いつかはフルマラソン

080215-runners.jpg


東京マラソンが17日に開催される。
3万人ものランナーが参加すると言われており
抽選が実施されるほど世界的にも「人気の大会」だ。

42.195km。
実は最近、この距離走れるんじゃないの?
とひそかに思っている。
いろんな雑誌を読むと、とにかくゆっくり120分くらいを
走ることができると可能と書いてある。

今、自分は5分30秒/kmだから
単純にそのペースで走ると4時間を切ることになる。
まあ、そのままのペースでは無理と思うので
超スロージョグの7分/kmで走るとしたら
5時間ちょうど位…

面白そう。走れんかもしれんけど。
いつかは東京マラソンかホノルルマラソンに
挑戦してみたいと思う今日この頃です。

高知新港取材(3)クレーンも風で動く

080208-kouchikoun004.jpg

クレーンの話。
重量は500トンくらいあるそうだ。
ピンとこない…まあ重いんだろう…

そんな、クレーンも強風の時は作業を中止するという。
重くてめったなことでは動かないと思いきや
20m/S以上の風が吹くとクレーン自体が動く恐れがあるのだ。
そうなるとブレーキなんぞでは止まらない。
あとは想像通りだ。

そんな現場の話とかを聞いていると
仕事に誇りを持ったプロフェッショナルの気概を感じる。
ごくごく普通の会話だけに、重みが違う。

彼(M氏)とは小学校・中学校の同級生なのだが
一緒に遊んだわけもなく、顔見知りといった方が正しい。
でも、幼い頃のまま、お互いが話をしているところに
妙におかしかったり、照れくさかったり。

仕事が大好きな奴が周りにいてくれて
自分は恵まれている、と思う。
明日もがんばろう。ありがとう。

写真は新港から桂浜と浦戸大橋を眺めたものです。
コメントとはまったく関係ありません、すみません。

高知新港取材(2)のぼったどー!

080208-kochikoun01.jpg

うーん、確かに見上げると高っ、、高い…。

でも、今さら怖いとはいえないし、実は高所恐怖症なのだ。

けれども、行く、いや昇ると決めたら登るっ!(汗)
すでに3階部分で、高さの恐怖よりおかれている状況に追いつめられる感じ。
イマジンワールド…勝手にイメージ。いやこわくないぜ。
いい聞かせつつ、おっと、もう引き返せない。
今引き返すことは「男」がすたる。いや「でざいなー魂」を見せなければ。
上には級友が待ってくれている。

いかねばっ!

080208-kouchikoun005.jpg

なんとか運転席まで着いた。山頂でいえばまだ、六合目。
肝心の写真は、あまり注意がいかない。
とりあえずシャッターを押す。
と・り・あ・え・ず・・・

真下を写す勇気は持ち合わせていないのだ。
はるか眼下のコンテナ置き場を写すのみ。

いっぱい、いっぱい。

級友のM氏から折角だから運転席を見せてあげると手招きされる。
が、しかし、たったその5mの通路を渡ることができない。
空中の一本橋(もちろん手すりはある)に一歩を踏み出せないのだ。

初めて腰がすわるという感じを覚えた。
へっすい!(意気地なしという土佐弁)と言われようが、だ。

080208-kouchikoun07.jpg

なんとかミッションを終了し
ほんでもって無事、下山。(たいそうな…)
ほんとはもっとすごい写真をイメージしてて
きちんとカメラマン連れてこようと
下見に来たつもりだったのですが…

でも、いろいろとクレーンの話しを聞かせてもらいました。
機会があれば、またお話ししたいと思います。
3枚目はあまりお目にかかれない、真下からの写真です。

高知新港取材(1)巨大なUFOキャッチャー

080208-kouchikoun03.jpg

取材で高知新港へ行ってきた。
ガントリークレーンで荷受けの様子を取材。
以前、話で聞いたことがあったので
大きいクレーンというくらいの認識しかなかったのだが
実際に現場で見てみると
とてもとても想像をはるかに超えるスケールだった。

080208-kochikoun02.jpg

2枚目の写真は作業が終わりアーム部分をたたんだ状態。
遠目に見るとまるで「きりん」さんか「恐竜」か!?
左は貨物船です。

この日は釜山経由で高知着、荷物を降ろしたら
次の寄港地、横浜か東京まで行くそうだ。
コンテナおろしは2時間半ほどで
あっという間に終了。と同時に即離岸。

コンテナおろしは見てると、簡単そうなんだが、
四隅にあるピン穴のようなところに、
まっすぐ凸状のピンを差す、というより
上からそろり落とし込む感じ。
上といっても、軽く20mは上から見てはめ込むんだから
かなり熟練していないと無理だろうな。

で穴にはまったら回転させロック。次に持ち上げる。
この間、わずか10秒足らず…

よく見ると細いワイヤーのみで吊っているではないか。
コンテナって10トンはゆうにあるだろうに、すんげぇ…と思いながら
ただただ、繰り返される作業を見ている。退屈しない。

次はでっかいフォークリフト(?)で所定の位置に移動。

080208-kouchikoun06.jpg

単純にこれらの作業を繰り返すだけだが
どれもこれもプログラムされたように確実にかつ正確に。
仕事に一切のムダがない。

うーん、プロフェッショナル! 見習わなければ!

何より天気に恵まれ上々の取材日でした。
関係者の皆様、ありがとうございます。

実はこんなところで級友とばったり。続きは出会い編です。

高知発の広告が掲載中

080205-tsubasa02.jpg

昨日の翼の王国ネタの続き
深層水の広告と寛平ちゃんがナビゲートする
であい博の告知が載っていました。
偶然といえば偶然で、全然ちがう代理店ですが
読む人にとっては相乗効果が出ればいいと思います。
県外からも、どんどん人が来てくれることを願って。

記事がのっちょった

080205-tsubasa03.jpg

080205-tsubasa04.jpg

080205-tsubasa01.jpg

翼の王国2月号に「四国百年・御菓子行脚」という特集があった。
なんのことはないのだが、ご当地・高知の記事が
載ることは、やはりうれしい。

野根まんじゅうは駆け出しのデザイナー時代
(もう20年以上も前…古っ!)うるしのお盆に木の菓子箸を置いて
撮影のディレクション(初めて)をさせていただいた記憶がある。
ありがたく、長いこと写真は使われていたと思います…
記事を見つけて懐かしさと同時に久しぶりに食べたくなった。

この本が機内で何百万人もの人の目に止まり
野根まんじゅうが全国区になってくれるといいな。

デザインしたキャラと出会う

080201-kunimi logo


あらら、こんなとこで偶然に出会った。
国見開発工業のエコキャラマーク。
思わず信号待ちでパチリ。
めずらしい11トン型の回収車です。
(かなりでかいトラック)
ヨコのデザインも結構おもしろいんですけど
残念ながら並走はできません。

Home > 2008年02月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。