Home > 2010年02月

2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

始動するよ




今年初めての招集がかかりました。

土佐クリエイターズギルド(TCG)の委員会。

みなさま委員の方、ちょいと

年鑑発刊で腑抜けになったのか、出席率が悪うございます。

が、しかし少なくともやらねばなりませぬ。




100228-tcg02.jpg





この日の議題は

(1)昨年策定した予算案にもとづく事業の推進について

(2)直近にせまった次期年鑑へのエントリー準備

(3)食の商談会への参加

特に(2)については日時、会場、審査員の3つが

からみあうので、決定に時間がかかる。

まるで、取材時のカメラマン、コピーライター、デザインの

全部のスケジュールを合わすのが大変なように

(あ、これにまだクライアントの都合も加味せねば)

どんぴしゃの日程(案)を早急に策定する準備にとりかかります。


100228-tcg04.jpg


エントリー料、安くせんと出さんぞ。

(と言ったか言わないか…アークの北村さん)







審査は、お世話になってる浅葉克己さんが

優先候補のおひとり、

そして、もうおひとりは

アンケートしてみようということになりました。


100228-tcg05.jpg

ザ・対決。

(何で?)




左)島崎副会長   右)USK・浜崎さん




招聘できるかできないかはわかりませんが

高知に来てもらって、まじめなデザインの話しなどを

聴いてみたいというチョイスもあれば、ミーハー的に

ただただ、合いたいというチョイスもあるでしょう。



100228-tcg03.jpg




100228-tcg07.jpg

ダメ?

by 高橋運営委員長








さ、始動しますね。


春先頃から忙殺まちがいなし。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





海カレー





土佐清水元気プロジェクトさんの

海カレーでございます。




でんこすで購入。

本日、食べてみました。




100223-umicurry.jpg


いつもながら、食べて気がつく

料理の写真

ということで、カレーの写真はありません。







まず、見た目から

ルーはサラッとタイプです。

ビーフカレー特有のこってりしたルーでなく

どちらかというとシーフードカレーの感じ。





お味の方は

少し塩味が効いた感じで、

確かに鯖(というよりツナみたい)が

オレここ、と主張してくる。



少しだけ海の味がします(笑)






あくまでも

個人評ですき、まあ、だまされたと思うて

食べてみてつかあさい。





おいしくって、ヘルシー!!

1人前で190kcalくらいだから、かなり良いかも。


メタボの方、はい注目~(武田鉄矢風に言うてみて)





「食は人に良いと書きます」




そっちじゃない…









漁師もびっくり、和夫もびっくり。

ということで。











あ、このパッケージ担当しました。

なんやそれが言いたかたんかいっ






失礼しました










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。













涙が出そうに





今日は、まとまった雨が降りました。

週末は晴れるといいですね。



100226-nama05.jpg











昨日の「なまの会」では「みやっち」こと

ラ・ヴィータの宮地社長からの発表でした。


100226-nama01.jpg

マイプロジェクターで発表。

次回はハードル高いよっ、


100226-nama03.jpg


今年初めて経営計画書もきちんと製本し、本気度を表したとかで

今までの「絵に描いた餅」にならないようにする!

まさに実行元年。

大所帯がゆえの企業の苦悩やジレンマなどを聞きました。



小生はたかが5~6人の事務所にもかかわらず

まとめきれていない力の無さを痛感します。








みやっちの何がスゴいって

いろんな言葉を自分のモノにし、自身の言葉で語られているところ。






ここまで来るにも紆余曲折あったことでしょう

でも、

でもですよ

何一つ、そんな顔を表に出さない。

経営者の鏡です。





100226-nama02.jpg


そんな中、タカハシが一番感動したのがこの言葉。

与えられるより与える人に。





自分が死ぬまで、いったいどれくらい

与えることができるだろう。






100226-nama04.jpg




もうひとつ、感動ものが

ラ・ヴィータ、ブライダルのプロモーションビデオです。

社内スタッフで編集した優れものです。







正直、おじさんは涙をこらえるの必死でした。







感動をお手伝いする企業。






正直、そんな現場に立つことができれば

幸せだろうな、と思いました。






ありがとうね、みやっち。

そして、みなさんおつかれさま。

次回は会長(八木さん)の発表です。

本来はタカハシの番ですが、ちょいと3月は年度末ということで

変わっていただきました。











番外編


100226-nama06.jpg

穂寿美、名物ミニチュアにぎり!

コレ、まじネタ一緒ですからね。

左に写ってるのが、本当の寿司ですから。


和田氏弁

「あー、これ600貫注文して

流しこんで食べてえ~」




「わかる、わかる」


100226-hozumi02.jpg

穂寿美









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





共感してナンボ



100224-ninagawa02.jpg



本日は、3月「なまの会」がありました。

その模様は後日、ご紹介しますが

ひとつだけ「蜷川実花」の写真展に、あんだけ

若い人が見に来るというのはスゴイという話になり






おもしろい角度からの評価をされてたので、その話題から…

それは、営業側とかプロデュース側に立つ人間ではなく

同業の方なので余計に興味深いのデス。







写真は賛否両論あることでしょう。

当然、技術畑から見ると画像処理やらで

リアルな写真論議では邪道かもしれませんが

何より、今の写真展でどんだけ若い子らを呼ぶことができるか。

なぜか。商業写真って共感してナンボでもあるわけです。






集客があったから上とか、技術的に下とかという

意味ではありません。

写真の役目って場所も目的も違えば、評価される軸が違うということ。

そう、理屈ではなく感性で伝わる何か。











もう一度、そのような素直な目で観てみたいと思いました。



100224-ninagawa01.jpg


もうひとつ…

タカハシ的に、このロゴが気になりました。

既存の活字ではなく、オリジナルの書体。

筆のような「はらい」や「はね」のイメージを残つつ、

妖艶すぎず、かといって安っぽくなく

きちんと「蜷川実花」像を表現していませんか。





高知でこのサインとかフライヤー専用に作ったとしたら

スゴいですね、どなたか作者ご存知ですか。

東京とかで作っていても、それはそれでやっぱ納得する出来です。




たかが、文字。されど文字。






いい仕事は気持ちいい。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。











シヴァ




午前中、

大型犬2匹を連れて散歩中の

おふたりを見ました。



100224-dog.jpg


隠れてるけど、セントバーナードに

たぶん手前、ボルゾイでなかろうか。

2匹ともでかいよね。






きっと、庭も広いんだろう。

犬、飼いたいけど、世話する時間がつくれない

いっそ事務所で飼うか…なんてこと考えたり





やっぱ、犬は今のところ柴がいい。




シヴァ。



ニッキさんとこのお茶目で愛嬌たっぷりの犬ね、名前コニシキとか。


あ、自分に似て短足コーギーもいい。












人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







追手筋を歩く





バルサンたいてます。


100223-barusan.jpg


柳町界隈の飲食店に

貼ってありました。








けむりが隙間からもれてて、通行人が

びっくりして通報したらいかん、という配慮と思いますが

なんか、かわいいやんと パチり






100223-snack.jpg




昼間見る飲み屋さんの看板も、明るい時間に眺めると

また感じがちがう。

ここのビルでとーい昔(20年以上前)、

ロゴを作らせてもらったスナックがまだ営業してます。

超ロングランですねえ…すごい。

ママは現役引退して、後継者に譲ってんだろうな。







こんど行ってみようか。




100223-outesuji01.jpg

でもって、歩いていたのは追手筋。

携帯のカメラは手ぶればっかし…


100223-outesuji02.jpg

画像処理すれば、カリフォルニアぽく

見えないこともない…か。(道路せまいけど)








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




コーネリアス


100222-yoji.jpg


なかなか取れない。

楊枝が全滅。





奥歯にはまってるのは

たぶん、昼食べた「うるめ」だと思う。

もともと、ちょい虫歯気味で

少し穴が空いているトコに、きっちりと

絶妙な固さの食べかすが居座ってしまいました。

(お食事中の方、すみません)








まあ、詰めもんしてると思えばいいのですが

思えないっ







早く、歯医者さんへ行かねば…










と、いいながら 舌で違和感のある歯を確かめ

気になって気になってしょうーがない。








仕事中、ずっと舌で確認している姿は

コーネリアスか。


100222-monkey.jpg
  Copy Right By Aaron Logan





人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









シンクロ




100221-jam.jpg

※写真は関係ありません






さっき地震があったらしい…ですが。



ぜんぜん気がつきませんでした。



外出先でちょうど打合せをしている最中で

ソファに腰かけているところ、

おとなりの方は「今、揺れた」とおっしゃいました。

その方はちょいマジ顔でした。

ちょうど、タカハシが脚を組み替えて、少し腰浮かしたタイミングなので

ソファが揺れたんじゃないでしょうか。

と、答えました。



たぶん、ソファね、ソファの揺れ…









帰って、ネットで確認してみたら、あら、揺れてたんですね。

まったくもって、脳天気…

まあ、ちょうどシンクロしたもんだ。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。



すっきり




ここんとこ

髪を切る時間を作れなかった

(というか、優先順位は低かった…

要するにどーでもよかった)ので

伸び放題の我が髪の毛は、こんな感じに

なっておりました。



100221-haircut03.jpg



でも、とうとう、うっとうしさに

がまんできず








切ってきました。


すっきり。
















100221-haircut01.jpg









仕事しながらも、なんとか半日くらいは

自由な時間ができた土曜日でした。












人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




よいしょ

よいしょ

よいしょ

よいしょ






NASAから中継?



今から宇宙ステーションへ。



??





100219-yamakin01.jpg





いってきまーす!





100219-yamakin02.jpg



心霊写真みたいになってしまいました。


エアシャワーを浴びてます~






本日は、取材で某所へ…







ホコリやチリは厳禁ですから。

完全防備で、顔と手先のみ露出。






まるで、もじもじ君ホワイトバージョンだっ。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。


ひとおしっ

ひとおしっ

ひとおしっ

ひとおしっ




ぽちっ











食べたいな




なぜか定期的に食べたくなるメニューがあります。

吉野家の牛丼。



100218-gyudon.jpg


ひろめ市場やヤシィパークにある

カリー屋のナン。

(でかい…自転車のサドルの倍くらいある感じ)


100218-hirome.jpg

あとインスタント系でいうと

チャルメラや…金ちゃんヌードルとか

UFO焼きそばとか…




マグドナルドのハンバーガーも。







また、この方が試食されてました。


こんどはハワイアンれすか(笑)。



あー、また食べたくなります。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




















コンテンツ考





まんがコンテンツ課というのが

県に創設されるらしい…

新聞に出てた? 実際にはまだ見てないが



くしくも、この日、県庁で高知コンテンツコンテストという

事業についての会議があって、ギルドの代表として出席してた。









コンテンツって何だろ。

自分たちは、普段何気に使ってる言葉も

定義しづらく曖昧になるし、県民のみなさんわかるかな。






例えば、「知的素材」とか「創作物」とでも

言い換えればいいのだろうか。







まんが、映像、彫刻とくればわかりやすいカテゴリーも

デザイン、プロダクツ、インタラクティブ、

などとなると、非常に曖昧になるのだけど

実は、GIRLと少女の微妙な差が存在するように

追求しない方がいい場合もあるよ…と思ったり。
















会議の時に、何気なく使ってるヨコ文字も

それはそれで、突っ込んだらいけない時もあるのかも。






コンセプトはコンセプトなのです。

意味は「概念」とか「基本的な考え方」と訳せますが

それも、なんかニュアンスがちがうように思います。




感覚的な部分=ニュアンスの部分って以外と大事かも。

と思いながら、「最終形のイメージ」と「俯瞰で見ていこう」

と思った会議でした。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。


















触発フォント





面白いフォントを発見。



100215-font01.jpg


100215-font02.jpg



もしかしたら、タイトル部分のみ

フォントをデザインしたのかもしれないので

フォントというより記号的な装飾。




なんか、いい崩れ方というか、

思い切りのフォルムというか、要するに気になる感じ。








オリジナルフォントでも創作してみよか。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。








君、何を思う






なにやら視線を感じる…その先には


100215-dog.jpg


わんこが助手席に、ちょこんと座って

ご主人を待ってる様子。


100215-dog02.jpg


なんかねえ…人間に見られているような視線なんですけど

すごく律儀に座ってるし、お利口そうなわんちゃんでした。





かわいいな。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







二代目スピードケージ


二代目ケージです。

初代NIKE エアズーム スピードケージ2008モデルに

代わって2010年モデルを購入しました。


100213-shoes05.jpg


今まで、履いたやつで、コレが一番しっくりきます。

カタチ的には


100213-shoes04.jpg

2008年モデルと同じなんですが、クルマのように

少しづつマイナーチェンジしてます。

デザインですごく変わって見えます。





2~3年、同じモデルだったら、慌てて買うこともないし

購買意欲も湧きませんねえ。

どの業界もマイナーチェンジとか0000年モデル

とかいって、すぐに旧型にしちゃうんで

古くなった感の旧型は敢えて買わず、どうしても新型に目が…

もうちょい、のんびりやってください。








デザイン的には2008年モデルの方が好きやけどなあ。

さすが、旧型と同じものを買う勇気がなく

しかも、新型がサイド部分のワイヤーが進化したとか言われると…


100213-shoes03.jpg





まっ、結構、消耗早かったし…


100213-shoes01.jpg

底はこのとおり、アウトソール(赤い部分)が擦り減って

ミッドソール(白い部分)が少しづつ表れはじめました。





クルマのタイヤでいうと溝が減ってきた状態。


ちなみに新しいのを見てみると一目瞭然。



100213-shoes02.jpg


ネットで調べたら、シューズの寿命って

底の薄いレースタイプで300~500km、

ある程度のクッション性があるもので400~600km、

ソールの厚いので600~800kmだそうです。

一般的に1,000kmとも。

(体重や走り方の個人差があるので一概にですが)








そういえば、このシューズ減りが早いかなあ。

下ろしたのが2009年の6月末日なので、約半年。

距離的にはまだ400kmくらいですが、確かに寿命的には

あてはまります。それとも足引きずって走ってる??




100213-shoes_heel.jpg


かかとの方がもくたびれています。






道具が新しいと、上手くなったような気がしませんか。

あれって、何でしょうねえ。







本日試走。

やっぱりクッション性は、新しいだけあって断然ちがいます。

でも、全体的にはまだ旧型の方がしっくりきます。

長い間、連れ添った相方だもんねえ。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。






島田紳助・講演??




ちょいと本屋で立ち読みして

普通なら「ふーん」とかいって、そのまま

立ち去って別のコーナー行くんですが

この本は、最初に開けたページにひっかかってしまいました。



努力の方法教えます。




単にタレントが書いた本でじゃなくね

例えそれが「漫才」や「お笑い」の世界でも、ですね。

芸能界で生き残る、頭角を表すために

若手時代から紳助が戦略的に考えて行動していた秘密を

しゃべっています。




100210-shinsuke.jpg






特にこのフレーズ




才能は親からもらったもの、神様がくれたもの

努力は自分で覚えるもの。




ボクは才能を教えることができない。

でも努力の仕方を教えることができる。





自分が1の才能だと思ったら、5の努力をすればいい

で、その努力が報われなくても

5の筋力がつく。

そうすると、道を変えても必ず成功する。

一番やっかいなのは、自分が才能があると思い込んでいるやつ。

10年かかっても目が出ないやつは、辞めた方がいい。



と結構、過激ですが…実は愛情だったりと。



で、M-1グランプリが誕生したらしい。










深いな。







読んで

お笑いの世界じゃなくて、すべての業界、

仕事にあてはまると感じました。




確かに紳助さんは賢いんで、

すべての人の公式になるかは疑問ですが

触発してくれる本でした。









「自己プロデュース力」島田紳助  1冊 838円。

1時間くらいで読めます。

紳助が1時間しゃべってくれてると思えば

この金額、決して高くない。











人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







求人広告ネタ


スポーツ新聞の求人で

ちょいと、ほほえましいというか

ちょい笑ってしまうけど、行ってみてもいいかな(笑)

と思わせるのを見つけました。



100212-iiyatsu.jpg



いい奴ばかり

チームワーク抜群です



古紙回収






個不も躍◎

▽室問親中団

JR寮▽切




個不も躍って一体何のこと??

室問親中団JR寮ってさっぱりわからん


と思ってたら、

なんや、タテに読んだらいいのか…





ベタ組やもん、頭のタイトル横書きやから

下も横に読んでしまいました。





わずか、数センチの中の、こういう

求人広告って面白い。

ギリギリの中で生み出される暗黙の了解の

文字(一文字)でも伝えられるから不思議ね。









なにかデザインネタとして使えそう。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




















めん、めん、めん




麺づいた週でした。

麺づくってどういう意味かね…




まずは、コンビニで見つけていた

味噌ガーナ。


100212-foods12.jpg


100212-foods06.jpg




みそラーメンとガーナチョコですって。

どんな味やろ…と興味津々で購入。

100212-foods07.jpg

スープと具材はあと入れですね。



100211-foods01.jpg


で、5分たって、スープ入れたら

いよいよチョコの投入です。




実は、最初、お湯をかける前の具にも

少し小さいチョコのようなものは、入っていたような。





100212-foods10.jpg

まるで、カレーみたいな感じ。

100212-foods03.jpg

お味ですが


確かに味噌はコクがあるといいますか

少しビターなような

後からほんのり甘く感じるような

上手く表現できませぬが、味噌スープにコクがプラス

されているのは確かやと思います。


100212-foods05.jpg



麺が少しひらべったい。

個人的には5分では、まだ固かった。







次に、この方のブログでも紹介されていた

エビそば。



ちょい具材がちがうのは、店舗が違うからかな。



100212-foods04.jpg

こちらは、インスタントとはちがい

さすがにうま~。

上品なスープといい、麺の加減といい、さすが専門店。

華珍園ね。




100212-foods08.jpg


で、最後は

サークルKの「あさりとエビのパスタ」

コンビニ系のパスタでは、まあまあイケてるかなと。

パスタはもっぱらサークルKです。










なんか、ここんとこ麺類ばっか食べてたような。

普段から早食いなんで、余計ちゃんと

噛んで食べないといけません。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









ちょい買い




大山文具でこんなもの買っちゃいました。



レジ横においてある、あの

ちょい買いというやつです。




100210-tokei03.jpg







スポーツウォッチ 1,050円です。

色も何色かありましたが、悩んで決めたのは

モスグリーン。




100210-tokei01.jpg





多機能のスポーツウォッチでなく

単純に「今、何時?」的なもので、

ジョギングとかに

よさげな感じでしたので、即決定。



100210-tokei02.jpg



ブレスレットみたいなもんです。

軽いし、小さいので気にならない…

と思います。







まだ、試していないので断言できませんが。





先週の筋肉痛もなくなりましたので

早く走りたいのですが

ここんとこ天気が良くありません。







少しづつ暖かくなってきました。

でもまだ寒い日があるだろうなあ。

みなさま、体調には十分お気をつけあそばせ。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。












とりあわせ最高




さて、何でしょう?




100206-kokuto02.jpg



はい、まんま黒糖です。





この前買った、黒潮町の黒糖。

引き出しに入れて、いつも小腹がすいたりした時に

口にしてます。




100206-kokuto01.jpg


最近、とりあわせの妙に気がついた。



100206-kokuto03.jpg


コーヒーとよく合う。





ちょいボールド系コーヒーに黒糖。

同じ甘味でも、こっちも自然派なので

甘さがしつこくない。




後味もよろしい。





かじる行為も野趣あふれる感じでナイス。

勝手に

テキサスコーヒーとでもネーミングしておこう。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





カチカチ_人間図鑑014




最初は心地良いノック音も

無意識に、カチカチを続けてやられると

イラッとくるのはなぜだろう。




100208-zukan014.jpg


だんだん、その音だけが耳に飛び込んできて

カチ、カチ、カチ、カチ

カチ、カチ、カチ、カチ

カチ、カチ、カチ、カチ

カチ、カチ、カチ、カチ




お願い…そんなにノックしないで~








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





ボクに飛び込んでっ


春野でスポーツマックスさん主催の

マラソン練習会に参加。

今回は第2回目ね。




現在、久しぶりに筋肉痛。



ハムストとお尻のつけねが痛い。



でもなんとなく、この痛みとだるさが心地よい。
それに次の日のきんにくつう=おおまだ若い、ぶらぼー






ほんのちょっぴり、ストレッチトレーニングしただけなのに

よっぽど、使っていない筋肉があると

いうことが証明されました。



100207-haruno03.jpg



芝生走路を使って、30分間走やりました。

平坦な走路と違って、坂道はやっぱきついなあ。

なんとか、30分間は大丈夫でしたが

腹筋やら背筋のなさ…カラダのかたさとか…

もっと鍛えんといかんところも露呈。








そんな時は、この人に



100207-haruno02.jpg


ボクに飛び込んでおいで!



まるで、石田純一のようなステキなオーラ(笑)。








次は2月27日、いよいよ外練だ。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







感性価値創造


感性価値創造セミナーに参加。



100205-kansei03.jpg


株式会社ハーズ実験デザイン研究所の

ムラタ・チアキ氏の講演でスタートです。



100205-kansei02.jpg



プロダクツを中心に事例を交え、

理論的なデザインの行為そのものを

わかりやすく説いてくれました。




100205-kansei04.jpg


100205-kansei05.jpg


実験では、参加者全員が参加して

まず、自分の価値基準のみでコップを選びます。

何もない、つまり見た目だけの判断でランクをつけます。






次に、ひとつひとつコップについて解説します。






再度、その情報を元にランクづけ。








情報を与えられた後で、価値がどう変わるかの実験です。

変わらない評価もあれば、確実に変わるものがでます。

ムラタさんいわく、

感覚感性(価値)と背景感性(価値)の違いで価値は変わる。





なるほどね。




第二部は、ちょっと変わった車座での

パネルディスカッション。



100205-kansei07.jpg




100205-kansei08.jpg

ほにやの泉さん。

100205-kansei09.jpg

四万十ドラマの畦地さん。

100205-kansei10.jpg

濱川商店の濱川さん。








パネリストはムラタさん。


100205-kansei11.jpg



三者に共通している、タカハシなりの見解。

オリジナルであること。

思いや信念がはっきりしてる。

具現化(可視化)。





かんたんやけど、むつかしいのよねえ。

ちと、勉強したくなりました。









それから懇親会へ。

濱長、初体験です。


100205-zashiki.jpg

100205-geisha02.jpg

げーしゃさん、キレイ。







ヤル気お勉強モードにシフトさせてくれます。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





ジローに興奮


昨日、訪問した畑山温泉

100205-onsen.jpg

100205-yama.jpg

到着して、ふと回りを見ると

山がせまってきてる感じ…いや、山に守られている

という感じかな。

とにかく山の威厳を感じる、ここは自然の中じゃ

人さまは無力であるぞよ、素で生きろ。と言われているような感じ。




この写真で山との距離感と山の高さ、大きさを想像してください。





100205-komatsu.jpg


ここの温泉の代表でもあり

土佐ジロー会、会長でもいらっしゃる小松さん。





土佐ジロー飼育の苦労や、飼育のエピソード等

聞けば聞くほど興味深いものがありました。

特に大事なのは「土」だそうです。

単に放し飼いがすべて同じような肉質になるのではなく

その土地の土が大事なんだと言います。



100205-taidan.jpg



話しを聞けば聞くほどに、鶏飼育もデザインにも

共通した点があるように思います。






これはいつものことながら、流通と生産の狭間で

葛藤しなければならないコト。そう感じました。

上手くお伝えできませんが、簡単に言うと

「価値」を育てるには信念がないとダメということですね。







むつかしいコトはさておき、土佐ジローをいただきます。

100205-sashimi01.jpg

まずは刺身。

ササミ、シンゾウ、レバー、砂肝、トサカ(?)に

100205-sashimi02.jpg

この白いのは、精巣です。



小松さんいわく、ゲテモノみたいに言われるけど

まあ、実際に食べてみて、イメージ変わるき。




はい、では。 その精巣を。




ん、確かに、食感でいうと白子か上質のトロみたい

で、100%クサミもなく、味も淡白。

なので、上品な食べ物、というか高級食材のような感じですね。





刺身すべてOKです。刺身盛り合わせで1,050円。

要予約です。




次に炭火焼きです。


100205-sumibi01.jpg


100205-sumibi02.jpg


これは、冗談ヌキに、お世辞ヌキに言います。


めちゃくちゃ、旨い。

塩だけです、振ってるの。



で、この味か、という感じで、噛めば噛むほど

ね、ね、ね、出てくる出て来る。




じゅわーっと、旨味がですよ、旨味が。





こんな鶏肉初めて~といっても過言ではないほど

素の塩焼きがこれほど旨いなんて…かあさん(涙)



(マジ、若干興奮気味です)









少し、お腹も興奮が収まりかけた頃、

今度は親子丼の登場ですっ。



100205-oyakodon.jpg

まずいわけないでしょ。鶏肉と卵が土佐ジローですよ。

素材って大事。







なんか、最近タカハシは食べにばっかりいっちゅう

と言われそうですが、これも仕事です、 し・ご・と。






そういえば確かに、最近グルメレポーター並みです。

しかもおごられっぱなし。

いや~ありがとうございます。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。

















三拍子揃ったお饅頭




事務所の駐車場を出ると

ん、 誰かに見られているような






気がした。






よーく見ると


100204-cat01.jpg



ネコだった。


100204-cat02.jpg


視線はちょい向こうだけど、何やら真剣に

見つめていました。





そんなネコちゃんに挨拶して

今日は安芸の畑山温泉まで足を運びます。

安芸までは、そんなにかからない。






実はそこからが、くねくね道で約30分。

スピードも乗らないので、体感的には

もっとかかった感じ。




100204-akigawa.jpg


安芸川を横に、クルマは一路北へ。







100204-hatayama.jpg


険しい道を抜けると、ところどころに集落があり

里山という感じの風景がせまってきました。








畑山温泉でのことは、また後日書きます。







今日は、行きと帰りの道すがらのこと書いてます。




100204-umiyama01.jpg


帰りは、最近オープンした国道沿いの

「安芸うみやま市場」へ寄ります。







野菜や特産品が並び、棚は売切れ続出のものも。

鮮魚なども並んでいて、市場の活気があります。

ここでも、「濱田屋」さんのまんじゅうが売ってありました。



午後4時、あと1パックを残すのみ。



そりゃ買って完売でしょ。


100204-manjyu.jpg


いつもの、ふかふか、やわらか、しっとりの

三拍子揃った「おらんくまんじゅう」を購入。

6個入って300円です。

安いよ~



100204-manjyu02.jpg



このおまんじゅう最高にうまいっす。

なんてったって、あっさりしてるし

皮がもっちりなのにさっぱり、蒸しパンみたいな

生地だから軽く2~3個食べれちゃいます。






中の餡も甘過ぎない。







ということで、安芸へお出かけの際はぜひどうぞ。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。










パレスでランチ



最近、バイキング形式の展開を見かけることが多くなりました。

この日も高知パレスホテル1Fでランチ。


100201-palace011.jpg

バイキング(ブッフェ)と一口にいっても

趣向を凝らし、どちらかというとナチュラル系で和惣菜を増やしたり

サラダバーとかも必須になってます。



100201-palace02.jpg

若い頃は、単にお腹を満たすための

ガツ食い派でしたが、最近は少量多品種を好みます。

なので、バイキングとかでとりわけても、少しづつ

食べきれる量を盛ります。






でも、やっぱ、どっかでアレもコレもですんで

カレーとかもラインアップに揃えます。





同時に楽しめるとこがいい。







100201-palace03.jpg


特にデザート系も豊富に、コーヒーつき飲み放題で

1,500円。




はい、満足ランチでした。











人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。








ブランド考01



三重県にあるお茶農家さんが「深緑茶房」という

お店をやっていますが、その日本茶をメインにされている

お茶さんが、昨年、紅茶にトライしました。




100128-pukupuku.jpg



そのパッケージです。







三重の伊勢茶は静岡や京都のお茶に負けないくらい

茶の質が良いことで知られていますが

やはり、全国ブランドに隠れて、いま一歩評価されていません。




つくり手の真摯的な取り組みやお茶に対する味への

こだわりなど、日本には知られざる逸品というものが

たくさんあるんですね。









ブランド力を考えたとき、例えば牛乳だったら

北海道と佐賀県っていったら、たぶん北海道がうまそうだし

梅は紀州産とか、まぐろなら…とか、鰹なら…とか

たくさんの特産品といわれる商品には、その地域地域の

背景や環境を背負っていますよね。






勝手にイメージされる力。

それに、簡単に言えばブランドとはお墨付きのようなもの。








やはり何を仕掛けるにも、起こすにも

基本(根っこ)がしっかりしてなきゃ戦えないのと一緒で

ボクらデザイナーも、その辺のポテンシャルを

いかに引き出せるかにかかってるような気がします。





特に最近ね。





引き出すというより、持ってる力を

再認識させるだけなんだけど。

だから、基本が備わっていなきゃ、ダメだと思います。






人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









でかっ



先週、仕事で四万十方面から帰る際

「ビオスおおがた」という物産店に立ち寄ったときのコト。





西南地区の特産品がところせましと並んでます。

特に黒潮町産の黒糖を使ったものが目立ってますねえ。

あと、らっきょうや四万十の青のりとか





で、黒糖まんじゅう買っちゃいました。


100201-kuromaru01.jpg


普通の包装紙と、新聞紙でくるんだ

パッケージと両方ありましたんで、やはり気になる新聞紙の方を。


100201-kuromaru02.jpg

ひとくちサイズの黒糖まんじゅう。

黒糖独特の甘味とコクといいますか

ただの上白糖とはちょい違う味が、とてもいい感じで

まんじゅうの皮と餡とで見事なハーモニーを奏でます。






なんか、コメントが商業コピー的やぞ(笑)








で、もひとつここで驚いたのは


「わけありみかん」という名で売られていた、でっかいみかん。





リンゴくらいはあろうかという大きさ。

でもみかんです。伊予柑やぽんかんとも違います。





とにかく、房が大きい。

100201-dekamikan01.jpg


みかんのひとつの房が、

こんな感じで

新高梨を切り分けたくらいのジャンボさ。


100102-dekamikan02.jpg


ひとかじりが、ほぼ普通の1口分の感覚やから

一房は、みかん半分食べた感覚ね。







味もしっかりと、決して大きい果実にありがちな

水っぽさやおおまかな味でありません。

甘酸っぱい「みかん」ですから、見た目とは裏腹に

正直、食べてオドロキました。





試食させてもらっただけだったので

今度行ったら買ってこよう~








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





Home > 2010年02月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。