Home > 2011年11月

2011年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

持つべきはいいブレーン



111128-nkk02.jpg


今日は昼から、ほどのへ看板設置の確認に。

さすがフォルムさん、オーダーせずにでも

原寸大の見本を作って持ってきてくれた。






版面上じゃわからないし、現場でいくら

何センチとか、ここから何メートルといって

打合せ重ねてもイメージにズレができますもの。

この日はクライアントさんも同行立ち会いだったので

わかりやすいといったらありゃしない。

全員の共通イメージが確立されます。

ありがたいな~








これをスタンダードだとしたら

他の看板屋さんやサイン業者ではどうなのかなと思う。

このへんが仕事上のツボを心得ているというか…

さすがにポイントを熟知。

見本のおかげで、変更箇所が発覚。

それは現場の下地(足場)を確認してのことでした。

そのまま、作って設置してたら、ヤバかったかも。




持つべきはいいブレーンだわ。

ありがとうございます。




111128-nkk01.jpg


終わって、こんなシールも貼ってきました。

なかなか、知らないことですが

この高知にある企業が、先端をいく電気自動車の部品に

関与してるんですね~

もっと、知ってもらいたいな~






人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。


前を通ったら




111125-tokyu.jpg


あのうわさの東急ハンズ、只今工事中。

躯体はできてるので、内装だけだとすぐでしょう。

あとは陳列して、OPENするのみ。






て、業者さん一生懸命やってました。

でも、思ったより狭くねー

靴の大きさと比較してみると、わかります。






ま、メジャーブランド、高知でどんな展開になるのか

お楽しみです。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。


タートル解禁




111124-sky.jpg





朝、寒かったので、とうとうタートルネックを着て出勤。

愛しのタートルの季節です。







例えば、黒のタートルだと

コーディネートにあまり気をつかわなくてよくなるし

結構、冬場のスーツ姿は好きなのですが

スーツの下がシャツ1枚だと、冬は寒くてかなわない。





で、タートルにスーツ(ジャケットか)だと

くだけ過ぎず、かしこまらず、デザイナーぽい

特に小生くらい年とると、そうそう若い格好もできねー

ということで、そんなやや不精スタイルが冬場の定番になったりします。

打合せの時は特にそう。









25日は今日より寒いそうです。

タートル連チャンか。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









フィーリング





111122-bigaku.jpg



スティーブ・ジョブズが亡くなって

今、apple社の製品もさることながら

氏を賞賛する声や伝記本、サクセスストーリーのような

ビジネス本などなど…





まだ、どれも読んでません。

そのうちに時間を作って読みたくなったら読むつもり。








でも、普段からアップル製品は仕事上、相棒のようなものでして

かれこれ20年以上はappleフリークにならざるを得ない状況で

仕事をしてきました。

それゆえに、最近、雑誌などでスティーブ氏の記事に

自然と目がいきます。






で、自分なりにこう思ったのが、冒頭の

「美学」「信念」「哲学」

普通だと哲学ありきなんですが、こう解釈してみました。

美学という哲学が最初にありき

そして信念という美学、

最後に哲学という信念…なんだか訳わかりませんねえ。



すなわち彼の頭の中はこの3つで巴合戦が

繰り広げられているのではないでしょうか(覗けないけど)。

どれひとつ欠けてもダメなのであります、きっと。

この言葉の後に全部、経営という言葉をつけてみると

もっとわかりやすいかもしれません。

美的な経営、信念の経営、哲学的経営。

経営は結果であって、目的ではないのかも。

なぜかって、上の3つはモノでなくて、

すべて見えない知覚や感覚的なものだもんね。







やっぱ、デザイナーだもの、この美的な経営とか

見えないところまでデザインしていく姿勢こそが

我々に勇気を与えてくれてるようで、己を信じるしかない(最後は)

信じる以上は絶対に最後まで手を抜かない、あきらめない、

理想に向う、それが信念になり、哲学になる…

最後には豊かで幸せに満ちた「美」という感性をともなって…。






あらら、なんだか、自分への戒めになってきた。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





揺れ た?


地震があった




らしい。










というのも、久万川堤防沿いをジョギングしてて

まったくわからんかった。

幸か不幸か…

ま、走るということは方足は常に浮いてるし

本人が揺れてる状況よねえ…

この状態で揺れ感じたら、かなりの揺れだろうな。







巷では、「揺れた?」「揺れた?」のプチ騒ぎ。

まったくもって、前も自転車漕いでてわからんかったしな。

このまま地震とは縁遠いものでありたいものです。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





授業はどうだった




先日、授業をした高知工業の生徒さんから

感想文(レポート)をもらいました。



111120-kogyo01.jpg




つたないしゃべりに、2時間もおついあいいただき

ほんとにありがとう。

ひとつでも、みんなの中に残ってくれるような

教えや、将来の道を選ぶきっかけになればいいと思います。












111120-kogyo02.jpg



111120-kogyo03.jpg



111120-kogyo04.jpg



面白かった。

もっと長い時間がいい。

○○のことは忘れない…


とか、ためになった。

グラフィックって面白そう、

センスなくても自信がついた、とかね。






お世辞にも「良かった」と

言ってくれるのは、励みになります。

というか舞い上がります(笑)






わずか2時間でしたが、みんなに出会えたことに感謝。

山本先生、ありがとう。





デザインの面白さや、やりがいみたいなものが

少しでも伝わったら本望です。







印象に残ったコメント

「2時間が短く感じられた」と書いてくれた生徒がいました。





これ、自分の中では最高の言葉。

そうです、とにかく退屈だけはさせないようにと

それのみ考えてましたんで、このコメントは、

本当によかったな、と安堵してます。










生徒の諸君が社会に出るのは、早い人で2年後。

専門学校や大学に進学しても4年から6年後には、

この中からデザインという文字がつく職業に、就くことでしょう。

できれば、高知を元気に、明るく、楽しくしたいと

思って働ける環境を残していかねばと思いました。






みんな、ありがとう。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。








文字のこと




111119-text.jpg



これ、あるテキストの一部分です。

箱組みしてて、遇然にもタテに同じ文字が

並ぶことがあるんですよね。






この画像大きいから、あんまり気になりませんが

小さいブロックでこんなに並んだのを見つけると

すごく気になります。

もちろん、こういう場合はブロックの巾を一文字分

ずらすか、ポイント数を変えるか、字間調整するかで

対応するわけです。







あと意外に困るのが

頭から流す、いわゆる頭揃えで

階段状に順番になるやつ。

息つぎの感じで、行頭へ送りますが

それを重視すると、ありゃー、うまい具合に階段に(汗)。

何度、切りどころ変えてもなっちまうという

文章に出くわすときもあります。





もう、そんな時は思いっきり行数増やすか

2行ほどで収めることが多いです。

これ、レイアウト全体に干渉するので要注意です。

でも、どうしてもイヤな時は全体変えます。




こんど、そういう苦労した文字組みがあれば

お見せいたいと思います。(喉元過ぎれば…ナントカで)

デザイナーの方以外は、今日のネタはなんのこっちゃと

思われることでしょう(笑)







デザイナーって、文字組みのことすごく気にするんです。

(…って、たぶんそうだと)

読むヒトがあまり気にしないところだから、面白いんですよねえ。

読めりゃイイということでなく。

絶対こっちの方が、読みやすいはず、ストレスなく読めるはずと。

変な信念もってやってる人種です、デザイナーって。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。


えっマジすか




111118-car.jpg



えっ、マジすか~

というのは、路側へ停車してて

いきなり反対車線から、頭づけで停めたクルマ。






…そんなんありですか(ちょいびっくり)






停めるもなにも、反対車線から頭づけはないでしょうよ。

笑ってクルマを降りられたおふたり様

お嬢様とお母様のようですが

やっぱり、交通マナーは最低限守ろうよね。







CMのネタにしちゃうぞ。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







デザイン雑記11.17


111116-sunset.jpg



悪名高い「デザイン・バイ・コミッティ」

=委員会によるデザイン

各方面の担当者が集まり、意見を出し

取り込むことを繰り返してデザインを仕上げるプロセスのこと。







この一文は下記の本に記してあったもの。

デビットエイリー(北アイルランド出身のグラフィックデザイナー)氏が

執筆している本です。

たまたま、本屋で見つけました。




プロのデザイナーとしての流儀はもちろん

普段、クライアントととのやりとりで生まれる疑問や

デザイナーの心構えなどなど

もちろん、ロゴを創る過程での創作プロセスなど

読んでて興味深かった。



111117-book.jpg





冒頭の委員会のような決定機構下で、デザインの仕事を

することもありますが、さほど多くはありません。

ただし、社内などでみんなの意見を聞くとか

担当部署をまわってかえってきたら、とんでもないオーダーが

付加されていたという話しはよくあります。









いろんなものをトッピングした料理という感じ…

てんこもりで満足しているけども、一体何の料理かわからない。

あれもこれも言いたい、あれもこれも売りたい

特徴も伝えたい、リーズナブルな価格も、生産者の思いも、

地域のことも、環境保全も、◯◯◯グランプリの賞のことも、

あっ、ついでにこのオーナーが好きな◯◯の写真もちょこっと…

(ついでかよ…)

みたいな感じはありませんか。




はいはい全部ですね、全部

営業部のことも、商品部のことも、企画部のことも

って全部はやまやまですが、そこはひとつ

お客様に伝えるものを絞っていきましょうか…

的なこと、よくありますね。






本来のシンプルとはそぎ落とすことではなく

すべてを包括してひとつにまとめて訳したものが

最終形のデザインや表現である、と。

「としまえん」で知られる大貫卓也さんも言ってたってけ。






みなさん、シンプルという言葉に惑わされてはいけませんよ。

あと、委員会という名のもとに生まれる責任転嫁もダメですよ。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




情報交換




111116-ark.jpg


宝くじ大当たり~ 



じゃなくてね、

ピースサインで撮影に応じてくれたのは

アークデザイン研究所の松本社長。







ランチしながら

久しぶりにゆっくりと話しができました。






話す内容はヒミツ。







んなわけないか…

お互いの運営上の課題や疑問点を相談したり

人材育成のこと、人事考課のことから業界のことまで

結構、話題は尽きません。

特に人材面や育成に関しては共通の悩みがあったりして

競合する事務所同士なのに、こうやって

相談していること自体、他の業種から見ると

おかしいと思うかもしれませんね。







要するに、駆け引きしたり、損得勘定というものを

一切ヌキにしてるからなのでしょう。

お互いのいいトコを参考にできればいいのですから。

ウチは、まだまだ課題だらけ。

アークさんがうらやましいかぎり。




情報交換、ありがとうございます。

また、定期的にパワーランチしましょ。







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。













秋ですか冬ですか





111115_sunset.jpg



ぼちぼちと寒くなってきました。

例年、11月20日を境にぐっと冷え込みます。

これは、亡き母がいつものように

11月20日にストーブを出す、と

変な体感的、経験則を言ってたのを思い出します。





今は、なんとかこの寒さにも耐えることができますが

確かに20日前後に冷え込むと

暖房器具のお世話になることが多いですね。



11115-yorugao.jpg



日中、あたたかい日もありましたが(先週ね)

今日はとうとう、事務所の電気ストーブに

火入れをしてしまいました。(夕方ですけど)



111115-berry.jpg



まわりも少しづつ秋から冬へと支度をしています。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









ゆるみ




なんとかね、日曜日はオフにしようと

それでも、何か案件のことが気になって、気になって、

考えごとしたり、素材つくったり、プログラム(日程)組んだりと

完全オフとは、はるかに遠いオフなのですが

これでも、十分(笑)。

欲をいえば、あと1日は、ぼーっとしていたい。






忙しい休日でも「弛緩」できてればいいのです。

ゴムをゆるめる時間ですかねえ…







そういえば、体重計を新調して、初乗りです。

体脂肪、内蔵脂肪、BMI、基礎代謝と出るヤツですが…

ちょい、ヤバいよ、体脂肪率と内蔵脂肪。

かくれ肥満の傾向か…







とにかく、走る以外は鍛えてないもんねー

腕はカマキリ、腹はピーナツ…

これから冬の服でますますごまかせるので、きちんとしよう。

体重計は正直だ。






こればかりは弛緩したらいかん。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。















書きまくり



111111-board02.jpg

111111-board01.jpg



某クライアントさんと、商品開発と

今後のスケジュールを話しているうちに、だんだん

ヒートアップしていき、気がつけば

ホワイトボードがこんなになりました。







111111-board03.jpg



この時は、ホントにスムーズに

流れとやらなきゃならないこと、目標値がわかっている

(つもり)なのですが、何日か熟成させると

熟成度合いと逆に脳みそは記憶が腐敗していくパターン。





こうやってブログにアップしながら復習している感じ。

たしか3日前だったか…打合せ






案件は、かなり見えてきたかなと。

なんとか売れて欲しいものです。

販売に直接携わることはありませんが、

パッケージはもとより、その戦略的なものまで提案していると

とにかく、売れてほしい。と願うのみです。







デザインの評価は、そのあと。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。













チンする…夜長かな





111111_potato.jpg



小腹が減ったので、じゃがいも

「インカのめざめ」という小ぶりなやつ

を洗って、レンジでチンして食べてます。(ラップしてくださいね)

ジャガイモをあなどるなかれ、レンジでチンすると

まるで、焼き芋のようなほくほく感です。







塩を振ってたべるとおいしいんだなっ。





今日は皮むきましたけど、普段は皮ごと食べます。

皮つきの方がおいしい。









で、少ししてチョコを食べた。

これまた、食感はグー。

ジャガイモとチョコ… そんなお菓子があったなあ

道理で相性いいはずだ。







今度は同時に食べてみたらどうなるか、

やってみようと思います。

こんなこと楽しめるのも、初冬ならでは。






人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。










授業だよ、第2回




111110-jyugyo01.jpg



デザインのウラ話し



ま、それほどウラでもありませんが

今日は、高知工業高校で2時間ほど授業ということで

講義(高校生は講義といわない?)してきました。







冒頭の写真は配布資料として学生たちに見せたもの。

もう、商品化されましたので、守秘義務に相当するようなものではありません。

(開発中はNGですよ)

こんなん見せながら、実際にネタ探しから

商品化されるまでのプロセスを説明しました。

とにかく、パソコンの前に座る前に、たくさん考えて欲しい

たくさん書いてほしい、みたいなコトです。

(自身の失敗談からくることです)

書いて、書いて、書きまくれ~

出して、出して、出しまりやがれ~  みたいな感じ。





111110-jyujyo03.jpg


実際の試作品も見せつつ…

ホントに試作ですのでプリントアウトしたものを

箱に組み立てていますが、こうやって写真になると

おお本物みたいだ…とちょっと自惚れてしまう(笑)




111110-jyugyo02.jpg


こんな箱も…ダミー中のダミーです。

写真だとよく見える。



111110-jyugyo04.jpg


こちらは実際に商品化されたアップルパイのパッケージ。

ほとんどをイラストに助けてもらってます。





実績などの紹介のごくごく一部ということで

紹介しながら話しをさせてもらいました。

やっぱり、概念的な話しは苦手だと思い、こうやって

できるだけビジュアルを見てもらいながら、話します。

実はこちら側もこの方がラクなんですねー

本音をいうと…







なので、何もない状況で、2時間しゃべって

ヒトを惹き付けて、そして共感、納得(うなづき)させ

笑いをとる(やっぱ、これです、究極は)講演者はスゴいと思います。

あと、声がきれいで、滑舌のいい人も羨ましい。






コミュニケーションの際に最も円滑にいくのが「笑い」があるかないか。

昨日の最後の企業と学校の意見交換会は

まるで議会の執行部と議員さんの関係だったなー。







さて、今日の自分はどうだったかなー

と、いつもいろいろやらせてもらいながら

教えられている今日この頃です。

みんな、2時間おつきあいありがとうです。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







企業の授業参観日



111109-kogyo01.jpg


111109-kogyo02.jpg




今日は午後から、高知工業で行われた

企業の授業参観に行ってました。(一応、TCGとして参加)

高校生の授業を見る機会も、そうそうなく

普通科とは異なる点は、機械、電気、土木、建築、工業化学、

総合デザイン、情報、と

特化した授業が組まれているのが特徴。









車座になって、学生たちと話しをしたり

ひとつのテーマに沿って意見交換をするなど

ユニークなプログラムもありました。




111109-kogyo03.jpg

企業側と学校側の意見交換会です。







高校生たち、みんなまじめに考えてる。

なにより、初々しい。

がんばれっ とエールをおくりたくなる。

企業側も学校側に対して、要望したり、

学校側からの質問やお願いなんかもあったりと、結構

みなさん真剣そのもの。





…って、タカハシは不真面目だったわけじゃなくね。



こうやって、企業は次世代の場をつくり

小さなことかもしれませんが、これが企業の地域貢献という

置き方もできるかなーなんて思ったりしました。






将来の高知を支えていくのは君たちだっ。

明日は、連チャンで高知工業入り。

(総合デザイン科で先生してきます)







人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。







デザインのウラ側で





111108-kamaboko01.jpg




バイヤーさんの言い分だとこうか。

売るためには、ここをこうしたらいい。

当たり前ですが、足らないところを指摘して

良品に導くことが、売るための第一法則です。

そこには2通りの考え方がありますが、取引オンリーでなく

消費者の声を代弁していると信じて。

が、果たしてそれが正解なのだろうかと

ふと考えるときがあります。





となりの商品(競合商品)と比べて、または一般的(現存する)に

最低限必要な機能(スペック)を要求されることが多いんではないのか。

当然100馬力主流の時代なら、100馬力かそれ以上の馬力を求められます。

では70馬力のクルマは売れないのか、となります。

なぜそのクルマは70馬力なのか、70馬力しか造れない会社だったら

もっと違うアプローチだってあるはずじゃないか…

でも悲しいかな、売れ筋商品を目標にした瞬間、

この方向に照準が定まるんですね。(あとはいつもの…)






完結に言えば、そのような論になっている感じです。

ないものはない。

他社と同じにしていいのか、違いはどこだろう。

徹底的に近づけるならそれでいい、体力や資金力はどうだろう…






みたいな戦略的な話しをあまり聞かない。

みんな同じスペックにしたら、そら売れるでしょうけど

逆にいえば、売れないものがあるから売れるわけで

その中で、どうやって買ってくれる側に持ち込むか。

問題は機能やスペック以外の「知覚的」なところにも

あるように思えるのですが…

機能と感性(知覚)を両立させてこそ、いい商品になると思うからこそ

そのバランスをとるのがムツカしいことに気づかされます。





まだまだ、勉強不足やもしれません。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。




一方的の反対側







111107-dawn.jpg





意外に内輪で盛り上がった

著作権の問題…

こんな仕事やってなかったら、ほぼスルーするだろうな

的な問題です。







わかりやすく、お互いが納得できる

話しはできないものか、

はたまた、お互いに権利や利益を

持たらせるようにできないか。

何事も一方的なのがいけません。






いつも、この一方通行の諸問題は著作権に限らず

仕事のスケジュールやギャラ、デザインクオリティ、

受発注、メールのやりとりまで

一方的だ、という感覚が存在した時点で問題になります。

ある企業の広報部も言ってましたが

クリエイターが考えることを放棄したり、

弊社にそった内容を提案してくれない、etc…

などなどの不満もあるようです。







真摯に受けとめて、クリエイティブ側も深く

反省しなきゃならない点ではないでしょうか。

TPPを深く知る必要はないけど、何かは知っておかなきゃねえ。

一見クリエイティブと無関係ですけどね…








なので、一方的なのは、絶対にアカンということですねえ。




※写真は無関係ですけど 

 冬はいきなり一方的に来ません、少しづつ訪れます。
  
 そう考えると季節の移ろいでさえ、なんてやさしいのか。
 
 ダウンベストも用意してお待ちしています。








人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。

















ビスコや~




111105-bisco.jpg



よく考えられた戦略です。

ついで買いというか、レジ横のちょい買い用の商品。

レジにカゴ持っていき、お勘定の合間に

手にとっちゃったワ。







ビスコ三兄弟(笑)



1個だと38円だけど、3個で98円。

やっぱ、3つでしょ。

プレーン、いちご、抹茶…はい全部。

うまくできてるわ。3つ買うよねえ。






デザインもいい感じ。


ビスコ大好きです、はい。












人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。






プロの醍醐味




111104-kurikinton.jpg



昨日のブログテーマと、少し関連しますが

すべてがテキパキとバトンを渡すと、考えられない

スピードで仕上がっていくものです。





今日、そのいい例がありました。

クライアントさんから変更商品の撮影依頼(入稿予定の1日前だよ~)

まずはメールで案件が来ます。

で、翌日に商品(現物)が届きます。

これをスタジオ入れ(一応、先にアポ取りしておきますね)

その日に撮影してもらい、その日中にメールで校正出しという

非常にうまく回った例。(県外やき余計思う)






どのポジションも、段取よく♪

もちろんクライアントさんが、段取よくやってくれなきゃ

こうはいきません。







そーなると即対応チームでスタンバイ。

一見、デザインというクリエイティブな表情からは

想像もできないような修羅場かもしれませんが

こんなことはデザインの現場でよくあることです。

だって、それも1枚の絵だもんねー 欠けると仕上がらないわけで。






長くこんなことやってると

N島カメラさんはじめ、タカハシもビビることが

少なくなってきた(笑い)という話しをよくします。





アクシデントハプンを期待? 

いやいやスムーズにこしたことはありません。

涼しい顔して(実はマジでつか状態)、さりげなく渡す。

これぞプロの醍醐味(笑)










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。









ナルホド





今日はネットしてて、なんだか

こんなページをのぞきにいってしまいました。

結構、日々どないもんか?と苦悩している事項なので

コピペさせていただいてます。





人事考課や生産性、経営面から、すべて考えねばならないコトです…



111103-east.jpg




以下引用:エサトリックというサイトから

  


デザイナーこそタイムコスト意識を

アメリカでは、自分がどの仕事に何時間費やしたのかをちゃんと記録しておかないといけない。

自分が使ったお金も案件ごとにまとめて、交通費や諸経費なども記録する。

日本では総務課がまとめてやってくれるようなことも個人でやるようだ。

時間でフィーを計算することには抵抗があるだろう。

特にクリエイティブ業界だとそうだと思う。僕もそうだった。







しかし、実はタイムコスト意識は

デザイナーでもプランナーでも持っていたほうが良い。

もちろん、アイデアは1週間かかる時があると思えば、

3秒ででてくるときもある。


しかし、それは運だけでなく、

過去の経験や体験から導き出されている可能性も高い。



つまり、3秒で思いつくということは

それだけの体験や経験をしてきたということ。







アイデアだとわかりにくいので

デザイン力やわかりやすい資料作りの作業で置き換えて考えてみると、

一般的には大体3日間かかるものを

1日でやってのけてしまう人材は3日を1日にする

能力・スキルがあるということであり、

その能力は経験や体験を通して得たものなので

3日かかって作る人よりも能力が高いといえる。

その1日で作れる人を3日でつくる人の単価で

1日計算でフィーを払うのはよろしくないと思う。

本来であれば3日かかるところを1日ですませられる人であるから

3日分の費用と1日で終わらせちゃう技術料を

支払うことがポイントだと思う。





デザイナーはタイムコストを意識することで

より成長の目安にもでき、結果、よりよいものを

作りだせるようになるのではないかと思う。




もちろん、速ければいいというものではないけど。



品質をどこまで高めるかにも時間を要するわけだし、

といっても時間を闇雲にかければいいというものでもない。






デザインセンスの資格があるわけではないので

これを明確化しにくいということと、

クリエイティブにそこまでの理解を示してくれるクライアントも少ない

(理解していたら社内でやってるという話でしょうし)ので

時間とスキルに見合ったフィーを潤沢に出してもらえる

というケースはなかなか厳しいですが、

意識してお話させていただいていますね。












うーん、ナルホド。

マネジメントの観点から意識してみようか。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。








西高東低?



県民体育館でやってる

食の商談会を見てきました。


111102-syoku01.jpg

111102-syoku02.jpg


約100社強のメーカーや生産者が出展し

県内外からのバイヤーさんと商談をするのですが

どうしても売りたいもの(売り手市場)でなければ、

条件面でハードルが高いなあという声もききました。









ここ数年の「地産外商戦略」や産業振興計画のなか

デザインの重要性や有用性を知事自らが先頭に立ち

旗振りしてくれたこともあり、かなり高知の食分野での

デザインレベルは向上したと思います。







向上といえば語弊があるかも、ですね。

もともとあったデザインの力を引き出すきっかけが

これらの食品産業や第一次産業の商品化でしょう。







普段、机の上やペーパーで判断することが多いけど

他と比べてみたり、並んでいるとき、などなど

この商品はこうあるべきではないのか、と、

自分が携わったモノ(デザイン)でも、再度考えさせられます。







幡多路、四万十、宿毛、大方、窪川、仁淀川、etc

全体的に西高東低の感がしたのは私だけ?






人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。














かくありたい




111101-starbucks.jpg


お昼をちゃっちゃと済ませ、コーヒー飲みに

薊野のスタバへ。





コーヒーが切れたらしく、只今入れてますので

お時間かかります、ということで

先に席で書き物してたら、店内が混雑してきた。







あー、忙しいそう。

コーヒーはまだかいな

待つこと15分…

お店の方が来て「まだ来てませんか?」

「はい、まだですけど」








「申し訳ございません!」

と、このチケットをいただきました。


111101_ticket.jpg


1杯無料券、次回のね。







いや別に待つのは全然かまわないす、今日みたいに余裕がある日は。

それより、お客が増えたことが、超ナル的に

「やったねーとうれしい」









5分でも待たされて気分が悪い店と、

15分待ってもイライラしない店の差って何だろう。







デザイン待たせてもかくありたいものです。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





Home > 2011年11月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。