Home > 2012年09月

2012年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

こんなん出てきた


120920_01.jpg


だいだい、片付けたり物を整理してると

必ず、古いものや懐かしいものが出てくると

手が止まるタイプです、はい。





この日も、何気に仕事中ではありましたが

引き出しで、ペンを探してたら

隅っこに小さくへばりついた、証明写真らしきものが…






ありゃ、これまたン十年前の写真じゃん。





って、FACEBOOKに投稿したり、コメント返事したりと

結局、変な休憩時間になってしまいました。

よくあるんだなっ、これが。

なつかしい本や写真などが出てくると

なんだろね、思い出が走馬灯のごとくまわり始めて。

いつの間にか目的は別のところに…







ということで、今見ても、ちょい太り気味で

ヘアスタイルも当時の刈り上げなんですが

なんとも??な感じで、要するに「若かった」ということです、はい。






愛媛のデザイン



土曜日に開催されてた愛媛のADC「ACE AWARD 2012」と

同美術館で併催されてる

「松本幸二 Graphic Design Exhibition」を観てきた。


120915_ace02.jpg


120915_ace01.jpg

今年のゲスト審査員は葛西薫さん。

実際にお会いするのは、もちろん初めて。

ダンディでジェントルマン…オーラをびしびし感じながら

おそる恐る、ごあいさつさせていただきました。






今年も、愛媛に集結したクリエイティブのパワーに

圧倒されっぱなし…

特に学生さんらの課題部門は、みんなのレベルが高かった。

好きな作品もありました。

ちょうど、写真では葛西さんが凝視されてる作品です。

タカハシもすごく気になった作品のひとつです。






120915_matsumoto_002.jpg

120915_matsumoto_003.jpg



こちらは同館で開催してた

松本さんの個展。

商業作品(いわゆるグラフィックデザイン)を中心に

創作ポスターやタイプフェイスなどなど

精力的に創作活動されてて、羨ましい限り。




いやあ、羨むだけではいけませんねえ。

自分もきちんと仕事して、きちんと創作しなきゃ…

改めて、日々の鍛錬ならぬ意欲の重要性を感じた。



120915_matsumoto_001.jpg


ちょい、ミーハー心で撮影をお願いすると

快諾してくれた、右が松本幸二さん。

また、一緒に四国を盛り上げていきましょうね。








なつかしきかな

120911.jpg


昭和51年を歩く 高知市 旭

武吉孝夫さんの写真集から転載しています。







この元町スーパーがあった、旭元町界隈は

昔、小学校〜中学校頃に住んでた思い出深い、下町。

この写真の通り、道幅はせまく

でも、当時の子ども心には大通りに見えて

このゆるやかなカーブが印象的でした。






うなぎ屋さんやら肉屋、八百屋、アイスクリン、

金物屋さん、などなど昔ながらの専門店がちっちゃな

ちっちゃな商店街を形成してました。





友だちらとプラモデル見にいったり

駄菓子屋でクジ引いたり、

UFOキャッチャーの元祖的おもちゃに熱狂してた。





この写真集には、元町をはじめ旭上町や本宮町、旭天神町、

中須賀町、北端町など昭和のよき時代風景が

そのまま写し出されています。




たぶん、これらの風景は幼な心に遊んだ思い出が

そのまんま、写真になって記憶と同化しているんですね。

1枚1枚見るたびに「懐かしさ」と同時に

幼い頃の自分の頭を、タイムスリップして

自分でなでてやりたい、そんな感傷的な気持ちにもなります。






なつかしいい思い出、いいですね。




久しぶりにおびさんロード



120907.jpg


久しぶりに、帯屋町のおびさんロードを散歩。

某陶器屋さんでお皿を見に行ったかえりなんだけど

ちょっと、遠回りして一帯を歩いてみると

それはそれは、学生〜20代の頃、若者のメッカだったビルや

なつかしいお店がありました。




半分くらいは、もうシャッター閉めてて

新しいお店もちらほら。




でも、全体的には閑散としてるのが

ちょいさびしいけど…商店街ってのは全国的にも

きびしい状況なんだろうな。





せっかくだから、ショッピングモールとちがう

路面を生かしたり、近くの公園と一体化させたり、青空の

ロケーションやお日さま使ったりと

差別化できそーなんだけど



いかんせん、個店も後継者問題とか

老齢化でしょうか…







地元の商店に、光のあたる方法がないものか

そんなこと考えながら、歩いておりました。




Home > 2012年09月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。