Home > 2013年05月

2013年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

スタバに行ったら



130522.jpg



この前、スタバに寄ってみたら

内装がガラリ、変わってた。

一言でいえば、スッキリしたって感じ。




たぶん、席数は増えたんじゃないだろうか。

その分、満席ってことも減って歓迎すべき点だよね。

1点のみ、苦言ってか惜しいなと思ったのは

スタバの以前の混み合った中での

マイスペース的な、あの変にゆったりとした空間。

ひとり用ソファのイメージが大きかったと思うわけで。







あの、おらが席的な(笑)座り心地はいずこへ?






ま、企業の方針てのは変革が常に求められるので

これはこれで、今後の答待ちでしょうかね。

すっきりとした感はいい。

センターのテーブルが、自習机になりそう…

おじさんも混ぜてもらわねば(笑)






雑考




大学の学生がパッケージデザインを

請け負うという記事を見た。

もちろん、カリキュラムの一環であるから

実践で培っていくことは、非常に好ましいことだと思う。

反面、

いつもながら、学生を経費削減のような

発想でデザインを持ち出すことは?なのだ。








プロにはプロなりの生業としている

根拠があっての金額。

他方、事業バランスからみてのデザイン投資額とは

議論を別にせねばならないのだが。






どうも、このへんの「タダ的感覚」や

学生をカリキュラムの一環ということで

安易にタイアップさせるのは、どうも賛成できない。






しっかりと、学生の特権である研究志向や

商業的邪心のないピュアな取り組みを

発揮してもらいたいものだと思う。

デザイン事業者にはない驚異な視点がそこにあるのだから。








あとは、ぜひとも検証をして

育てていくデザインを学んで欲しいと思う。(学生時代を活かすためにも)

造形ばかりに目を向けさせるのでなく

デザインの考え方が生活の一部であること、

経営にとっての戦略でもあることなどなど。






短絡的な経費思考&学生の特訓で終わらせると

結局は将来の市場を育てていないと感じるのは、

自分だけの危惧であって欲しい。















余裕って



130517.jpg


久しぶりの投稿になってしまいました。

いつの間にか、1ヵ月以上も放置していると

スポンサー広告というのが貼られてました(汗)







本人的には

1ヵ月も経ったなんて思ってないんですが

1回さぼってしまうと、

ズルズルと「先延ばし」にしてしまう。






今日も久しぶりに早出をして

事務所の窓を空け、空気を入れ替え

ゆっくりとコーヒーなんぞを入れてメールチェックしたり

予定を確認したりして「余裕(笑)」のスタート。






たまに来たからって、えらそうに(笑)

なんですけど…

早起きがもたらす効果は、時間の配分もそうかもしれませんが

やっぱり、ココロの余裕かな。

追われることのない時間を持つ。




もう、これに限ります(笑)

だから、たまにはいい気分で、ブログにも

余裕で手が回るんだと思います。




週末のしめくくり、今日もいい日だ(笑)

では、では。





Home > 2013年05月

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。