Home > スポンサー広告 > デザイナーのひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/1030-39cfb741
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > デザイナーのひとりごと

Home > デザインの根っこ > デザイナーのひとりごと

デザイナーのひとりごと




最近、連携とかチームワークって考えることが多い。

デザイナーっていう職業はある種

我のかたまりみたいなもので、言葉悪いが

融通が効かない、というか わがまま な御仁が多いような気がする。



110129-sashie02.jpg

イラストは関係ありません









これは、自分も含めて「自戒」しなければならない

テーマなのだが、








あるところで、こんな話しを聞いた。








新卒採用で、まだ3ヵ月も経っていないデザイナー(見習い)。

上司からの指示に、ぶんむくれ

ゴミ箱に、もじゃくって捨てた(土佐弁かなこれ)とか










まあ、どんな指示が出たかは知るよしもないけど

相当な自信というか、プライドなんだろね。

シゴトというのは、もちろんビジネスだけで割り切ることが

できないのも理解できよう。

でも、デザイナーというのは特別な職種ではないと思う。

他人より少しだけ、考えたことが見える化できる技を持っていること。

ゆえに、一社会人でなければならない、と思う。

企業に属しようが、フリーランスであろうが…ね。



110129-sashi03.jpg

イラストは関係ありません





どーしても自分を高く評価し、

他人を低く評価するものであるからして

「あなたに言われる筋合いはない」とでも思ったんでしょうよ。

なぜ、こうしたか、

なぜ、そのツッコミが入るか

完成と理性のバランスを使えてデザインしてたら

きちんと修正なり完成形に向うことができるはず。






特にチームで仕事をするときは、その到達目標や課題、そして理解度

等々がお互いに共有できてないと円滑に進まない。

「信頼関係」や「尊敬」も大事だけど、どうやったら

依存することなくお互いが「自分ごと」にできるかどうかかな。





110129-sashie01.jpg

イラストは関係ありません


そう思った話しでした。








本日のひとりごと。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。






Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/1030-39cfb741
Listed below are links to weblogs that reference
デザイナーのひとりごと from 四六時中、デザイン。

Home > デザインの根っこ > デザイナーのひとりごと

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。