Home > スポンサー広告 > パワーゲームと母性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/1145-c0e52313
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > パワーゲームと母性

Home > デザインの根っこ > パワーゲームと母性

パワーゲームと母性






世代だけでくくることはできないと思うけど

こんな方と会います。(年長者が多いかも)


110728-soto.jpg


パワーゲームが好き。

大きい、強い、目立つ、迫力、わかりやすい、勝つか負けるか、etc.

という構造を好む傾向が見られます、

というか感じます。






特に年長者の場合、これは仕方ないのだと最近思うようになりました。

社会に飛び込んだ時代が高度成長期で、とにかくつくる、消費する、

そして、ビジネスは勝負なのだ、勝たねばならぬ。

だから大きい方がいいのだ、派手な方がいいのだ。

という時代の中で、自然と培われてきたテーゼなのだと思います。

男、オス、の世界観。






強いものが正しい。

経済力を持ったものが成功者。

今はどちらかというと争いを避ける傾向か…

でも、確かにその競争で経済が発展してきたことも事実。

人口が減って経済が縮小しているから、

自然と今のカタチになったのか…わかりませんけど。






デザインにとって、

先出の大きい、強い等の要素は必要ではありますが

デザイン自体の役割がそうかといえば、果たして?と思う今日この頃です。

やはり時代は逆のベクトルが流れている気がします。




110728-tana.jpg




強いとか大きいこと、わかりやすいことを否定するのでなく

第一義だろうか。を問うようにしたいと思います。









なんとなく、わかるとか。

これ、かわいい。

つくることより後始末のことも考える、などの価値。








まだまだ、わからないこと多いですけど

きっと、母性の時代なんだと思います。






やがては、また歴史が繰り返すように

力強いものや大きいものが台頭する時代もくるでしょう。

地震もそのきっかけかもしれないし、今はわからないけど

なんとなく、そんな先のことを考えたりするのも

面白いと思う今日のひとりごとです。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。












Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/1145-c0e52313
Listed below are links to weblogs that reference
パワーゲームと母性 from 四六時中、デザイン。

Home > デザインの根っこ > パワーゲームと母性

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。