Home > スポンサー広告 > 日常の視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

やぎ URL 2009-03-14 (土) 14:05

これ、先週 文具のおおやま で見つけました。
「曲った定規」という不思議なものでした。

中三の息子は、「曲がっちょったら、定規とは言えんろう」と言っていましたが、これはすぐれものだと思います。

目の付け所、発想の着火点の差ですね。

やぎさんへ URL 2009-03-14 (土) 19:03

そうですね、発想って大事ですね。
特に、みんながダメって言ってることを
何も疑問に持たず思い込んでいたりと。
いつも「素」にいられるかどうか、常に子どものような
好奇心を持っていたいものです。

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/388-1b64bd4e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > 日常の視点

Home > デザインの根っこ > 日常の視点

日常の視点

090311- +d 01

090311- +d 02


+d のシリーズ商品で
「アーチルーラー」という定規です。



最初からアーチ状になってまして…
一見、線引きにくいやん?
と思いますが、こんな感じで押さえて使うみたい。



パッケージ裏面に

●取り上げやすい
●押さえやすい
●見つけやすい
●インクがにじみにくい

とあります。







インクのにじみってイヤじゃないですか。
なので、500円もするんですが、買っちゃいました。
コレで、少しは線のにじみとか無くなって
使いやすければ、もうけもん…



100円の定規が500円になる。
よく「付加価値をつける」といいますが
使う人にとって、ホントによければ付加する価値なのですが
もし、これがおおきなお世話だとか、デザインする側の
ひとりよがりかは、紙一重かも。(開発者の勇気に拍手)


確かに、定規なんて、線が引けるやったら
どれもこれも、そう変わんないんですが…


必ず、いい商品はロングラン商品になります。
1年のうちに、出ては消えする商品の多いこと。
確かに、その消費や生産活動に一番恩恵を受けているのは
我々、デザイナーだったりするのですから、
「つくる」と「育てる」の視点に立つと複雑な心境です。




この定規にしても、
今迄の、定規は「まっすぐ」という
概念を変えています。

そんな「目のつけどころ」がデザインの視点だと思うと
身の回りには、たくさんの引き出しがあるようにも思います。


こうした方がいい。

私だったら、こう考える。



常にそのポジティブな視点を忘れずにいたいものです。



Comments:2

やぎ URL 2009-03-14 (土) 14:05

これ、先週 文具のおおやま で見つけました。
「曲った定規」という不思議なものでした。

中三の息子は、「曲がっちょったら、定規とは言えんろう」と言っていましたが、これはすぐれものだと思います。

目の付け所、発想の着火点の差ですね。

やぎさんへ URL 2009-03-14 (土) 19:03

そうですね、発想って大事ですね。
特に、みんながダメって言ってることを
何も疑問に持たず思い込んでいたりと。
いつも「素」にいられるかどうか、常に子どものような
好奇心を持っていたいものです。

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/388-1b64bd4e
Listed below are links to weblogs that reference
日常の視点 from 四六時中、デザイン。

Home > デザインの根っこ > 日常の視点

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。