Home > スポンサー広告 > 流儀

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

syaba. URL 2009-09-03 (木) 12:13

そのとおりだと思います。

A4のワークだとドキュメントはB4。
B4のワークだとドキュメントはA3。
センターに配置して、スタートです。

さぁ、今から制作はじめます、
よろしくお願いいたします、の
作法のようなモノだと思います。

基本は性格でしょうけど(笑)

shabaさんへ URL 2009-09-03 (木) 15:20

A4にはB4よりA3の方がキレイかも。
単純に倍の矩形です。
さらに、それを余裕持って配置するなら
Aはひとつ上のB列に、A4→A3じゃなくてB3へ。
こうすると、めっちゃリッチ&セレブレティになります。

なかじ ま URL 2009-09-03 (木) 19:01

どんなところから見ても美しい
それが、普通には簡単に見られないようなところでも・・・
そしてバランスが命。
余白も含めて美しい。
そうです、それがプロってもんだと思います。

他のところは土佐弁でいうダキな人でも
プロは、どこかに自分の譲れない足跡を残して欲しいですね。
それも、とびっきり美しいのを・・・・

勉強になりました。

なかじまさんへ URL 2009-09-03 (木) 20:37

ありがとうございます。
ほんとは自分の中にしまっておくものですけど
ついつい叫んでしまいたくなりました。
みなさん、どこか自分なりの流儀があると思います。
いろんな話し聞いてみたいものですね。

azumi URL 2009-09-05 (土) 01:58

うひー。
勉強になります。
そうですよね。
丁寧に作る。
これ、大事ですよね。
私はおおざっぱで、
ワークシートの中でないと
作業したらいかんみたいに思うていて、
ざっくり1000×1000をいきなり作っちゃいます。
(どこかにデータを持っていく場合は
 それなりの余白を作ったデータを作りますが)
こんなの問題外ですね。
反省…。

azumiさんへ URL 2009-09-05 (土) 03:07

そんなことないですよ。自分流の勝手な作法ですき(笑)
マークとかのラフをつくる時は、いきなり
2000×2000のキャンパスにして描き始めて、
思いついたのを、あっちこっちにコピペで増やしたり…
この場合はのびのびやるという感じで
使い分けているのかもしれません。
あくまでも自分流でね~

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/560-78895bc3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > 流儀

Home > デザインの根っこ > 流儀

流儀

今日は少し専門的な話しです。










本日、自分以外が作ったデータを集約する作業をしてました。






面白いもので、作り方(特に版下といわれるベーシックな部分)が

まったく違っています。






ひとつ、ワタシ流の見解。


090902-ryugi.jpg



これは名刺サイズのトンボを自動で作成したもの。

たぶん、100人やっても100人が同じになります。

あたりまえです。

だってコンピュータがやるから。








でも、面白いのは、この名刺をのっけるドキュメントのサイズ。

名刺じゃ小さすぎるので、A4くらいのワークとしましょう。

タカハシなら、迷わずB4かA3のドキュメントサイズにします。

任意の327×452なんてサイズはありえない。

しかも、四隅の余白は均等に。







なぜか。出力するときの任意パーセントが抽出しやすい。

すなわち矩形がいっしょ(1:√2)、見た目、キレイ。

なので71%か141%で縮小拡大ができる。

もちろん50%、200%の方がわかりやすいけど

これは面積が倍になるので、いきなりA4はA3を飛び越えてA2になる。

だから、ひとつ上くらいの矩形がちょうどいい。




なにやら、今日は難しい講釈たれてます。









本論というか結論。

ボクら昔世代は版下も見せる、すなわち

作品の一部だったんです。

なので、いかにきれいな版下にするかが

デザイナーの見せ場でもあったわけです。

そのクセが抜けてないのです。








それは、紙の余白を感覚でつかむという

訓練をしていたのかもしれません。





心地良いホワイトスペースを

いつも体感しながら覚えていたというわけです。






コンピュータで作業するようになってから

作成しているその中のドキュメントをのぞくことは少なくなりました。

プロセスより結果重視にかたよりがちになってます。








でも、制作プロセスというのは

作り手の性格やこだわりが見える、という部分では

実は一番わかりやすいところかもしれません。






タカハシはいつも言います。

合わすのは最大%で見ても合ってなきゃダメ。

(見方によっては、0.001mm程度のズレくらい…なのです)





どうしても、合ってなきゃダメなのです。(古いよね)








残念ながら、コンピュータの中で今さら「キレイ」にしろ

と言っても通用する時代じゃないのもわかってます。








これは、こだわりたい「流儀」みたいなものかもしれません。

少なくとも自分は。









人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。





Comments:6

syaba. URL 2009-09-03 (木) 12:13

そのとおりだと思います。

A4のワークだとドキュメントはB4。
B4のワークだとドキュメントはA3。
センターに配置して、スタートです。

さぁ、今から制作はじめます、
よろしくお願いいたします、の
作法のようなモノだと思います。

基本は性格でしょうけど(笑)

shabaさんへ URL 2009-09-03 (木) 15:20

A4にはB4よりA3の方がキレイかも。
単純に倍の矩形です。
さらに、それを余裕持って配置するなら
Aはひとつ上のB列に、A4→A3じゃなくてB3へ。
こうすると、めっちゃリッチ&セレブレティになります。

なかじ ま URL 2009-09-03 (木) 19:01

どんなところから見ても美しい
それが、普通には簡単に見られないようなところでも・・・
そしてバランスが命。
余白も含めて美しい。
そうです、それがプロってもんだと思います。

他のところは土佐弁でいうダキな人でも
プロは、どこかに自分の譲れない足跡を残して欲しいですね。
それも、とびっきり美しいのを・・・・

勉強になりました。

なかじまさんへ URL 2009-09-03 (木) 20:37

ありがとうございます。
ほんとは自分の中にしまっておくものですけど
ついつい叫んでしまいたくなりました。
みなさん、どこか自分なりの流儀があると思います。
いろんな話し聞いてみたいものですね。

azumi URL 2009-09-05 (土) 01:58

うひー。
勉強になります。
そうですよね。
丁寧に作る。
これ、大事ですよね。
私はおおざっぱで、
ワークシートの中でないと
作業したらいかんみたいに思うていて、
ざっくり1000×1000をいきなり作っちゃいます。
(どこかにデータを持っていく場合は
 それなりの余白を作ったデータを作りますが)
こんなの問題外ですね。
反省…。

azumiさんへ URL 2009-09-05 (土) 03:07

そんなことないですよ。自分流の勝手な作法ですき(笑)
マークとかのラフをつくる時は、いきなり
2000×2000のキャンパスにして描き始めて、
思いついたのを、あっちこっちにコピペで増やしたり…
この場合はのびのびやるという感じで
使い分けているのかもしれません。
あくまでも自分流でね~

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/560-78895bc3
Listed below are links to weblogs that reference
流儀 from 四六時中、デザイン。

Home > デザインの根っこ > 流儀

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。