Home > スポンサー広告 > デザイナーの卵たちへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

こんじる URL 2009-11-17 (火) 00:33

絵心も0点なワタクシですが、先生・・

その講義聴きたかったです。

「やられた、という原動力」

ワタクシ、チョロQの様に 日々コレで稼動してるのかも。


感銘。

こんじるさんへ URL 2009-11-17 (火) 00:39

じゃあ1講義、穂寿美ということで。
いい嫉妬はしなくちゃ~
こんじくしょう、いや元へ、
「こんちくしょう~っ」てのがないとね。
最後の「っ」までがミソです。

っ、っ、   って(笑)

はる URL 2009-11-17 (火) 03:54

bossのラフ。。。ステキです♪

はるさんへ URL 2009-11-17 (火) 12:30

ありがとーございます。
小さくして写真になると
よく見えるんですね、これがっ。

やぎ URL 2009-11-17 (火) 14:29

バカみたいなコメントですが、
プロだったんですねぇ。
今晩の給食また届けます。

やぎさんへ URL 2009-11-17 (火) 16:54

はい、一応です。
給食の件、いつもすみません~

もりたけ URL 2009-11-17 (火) 21:23

遅ればせながら、今読ませて頂きました。
デザイナーさんもそうですが、
物づくりする全ての方々にも当てはめる事ではないかと思います。

改めて、新ためて頑張りたいです。
お勉強になりました。

もりたけさんへ URL 2009-11-17 (火) 21:30

一例よりも百例
相場は決まってこう言うでしょう。
天才を生み出すことに大差はない。
努力できるかどうか、いや、したか否かって。
今、神様に感謝しつつ、慢心せずにって。
そんな風に思ってます。感銘受けていただきありがとう~

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/640-ffc6b9e3
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > デザイナーの卵たちへ

Home > デザインの根っこ > デザイナーの卵たちへ

デザイナーの卵たちへ




先日のデカレでの講義を少しご紹介します。


デザイナーになるための

意欲をかき立てるために「スイッチオン」が命題でした。





さて。どうしたらスイッチオンできるか。






結論は、その子次第という答えが出ているんですが。

それじゃ、元も子もないので、ここはひとつ

いかに楽しくもきびしくもあるという、

すなわち覚悟をしてね、と。





まずは、小生のプロフィールやらデザイナーになろうと思った

きっかけをしゃべりました。

妙に自慢話しや、俺スゴいやろ…で

終わらないよう気をつけるのがいっぱいいっぱい。

後半は、実例からませて…


091115-note01.jpg


091115-note02.jpg

やはり、ビジュアルと連動してしゃべると

わかりやすいみたい。(今回は Before & After 的なもの)






ここで伝えたかったこと。

とにかく、アイデアやラフ、構想、下書き等々は

多く描いて欲しい、ということ。

091115-note04.jpg

手書きの微妙な線は、マックなんかよりスゴい。


091115-note03.jpg



091115-note05.jpg


ラフは上手いヘタじゃなく、発想の「見える化」なのです。


091115-note06.jpg

091115-note07.jpg





次に、興味の先を広げること。

映画でもコンサートでも、スポーツでも、ドライブでも

釣りでもショッピングでもなんでもいいので

人より多くの観察をしてちょーだい、みたいなコト。







前にも記しましたが「嫉妬と尊敬」に近いもので

いいものを見るという目、触れる、共感するということ

そして素直に良さを認め、自らにプログラムする(引き出しへ)

でも悔しさとか、やられた、という原動力も必要。





なので、とにかく実践して欲しいことで、

スタッフにも言い続けていることなんですが

なかなか、実践するのはたやすいことではありません。

意外と続かないんですね(笑)









概念がわかっても、その時間が過ぎてしまえば

必ず人間って忘れてしまいます。

やってないのに、やった気分になるのです。




だから、簡単に続けられることを伝えました。

たくさんのあるヒントを言って

どれを取るかは本人次第です。

続けることができるのが、一流への近道だと思うから。


しゃべりながら自分にも言い聞かせつつ。







がんばれ、学生諸君。












人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。










Comments:8

こんじる URL 2009-11-17 (火) 00:33

絵心も0点なワタクシですが、先生・・

その講義聴きたかったです。

「やられた、という原動力」

ワタクシ、チョロQの様に 日々コレで稼動してるのかも。


感銘。

こんじるさんへ URL 2009-11-17 (火) 00:39

じゃあ1講義、穂寿美ということで。
いい嫉妬はしなくちゃ~
こんじくしょう、いや元へ、
「こんちくしょう~っ」てのがないとね。
最後の「っ」までがミソです。

っ、っ、   って(笑)

はる URL 2009-11-17 (火) 03:54

bossのラフ。。。ステキです♪

はるさんへ URL 2009-11-17 (火) 12:30

ありがとーございます。
小さくして写真になると
よく見えるんですね、これがっ。

やぎ URL 2009-11-17 (火) 14:29

バカみたいなコメントですが、
プロだったんですねぇ。
今晩の給食また届けます。

やぎさんへ URL 2009-11-17 (火) 16:54

はい、一応です。
給食の件、いつもすみません~

もりたけ URL 2009-11-17 (火) 21:23

遅ればせながら、今読ませて頂きました。
デザイナーさんもそうですが、
物づくりする全ての方々にも当てはめる事ではないかと思います。

改めて、新ためて頑張りたいです。
お勉強になりました。

もりたけさんへ URL 2009-11-17 (火) 21:30

一例よりも百例
相場は決まってこう言うでしょう。
天才を生み出すことに大差はない。
努力できるかどうか、いや、したか否かって。
今、神様に感謝しつつ、慢心せずにって。
そんな風に思ってます。感銘受けていただきありがとう~

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/640-ffc6b9e3
Listed below are links to weblogs that reference
デザイナーの卵たちへ from 四六時中、デザイン。

Home > デザインの根っこ > デザイナーの卵たちへ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。