Home > スポンサー広告 > 共感してナンボ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

もりたけ URL 2010-02-26 (金) 01:55

詳しい事はわかりませんが、
自分もこの字体が気になり看板の写真を撮って
来ました。何か力を感じました。
これも共感"になるんでしょうか…

※近日、ご挨拶に行きます。遅くなり、すみません。

もりたけさんへ URL 2010-02-26 (金) 15:29

書体ってもってる漢字のフォルムで
ぜんぜん違ってくるので、この字やったら
こんなにしてあげると、喜ぶだろうな
という感じかなあ。
これって高橋和夫という文字をこのエレメントでやっても
たぶんマッチしないと思います。

ロゴって結構ムツカしい…

オイラ URL 2010-02-26 (金) 19:29

「軸の違い」であったり、
「理屈ではなく感性」というフレーズに反応しちゃいました。
写真という題材とは違う意味での共感・・・、なのかな?
オイラはそんな風に読ませていただきました。

オイラさんへ URL 2010-02-26 (金) 19:39

お久しぶりっす。
そうですね。理屈では伝わりません。
公式にない…
でも公式を持ってる側からすれば
どーも理解できないコトのようです。

で、全部ありという考え方。
シリアスもパフォーマンスもありの
全日本プロレス?(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/740-1140f939
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 四六時中、デザイン。

Home > スポンサー広告 > 共感してナンボ

Home > 気になるデザイン > 共感してナンボ

共感してナンボ



100224-ninagawa02.jpg



本日は、3月「なまの会」がありました。

その模様は後日、ご紹介しますが

ひとつだけ「蜷川実花」の写真展に、あんだけ

若い人が見に来るというのはスゴイという話になり






おもしろい角度からの評価をされてたので、その話題から…

それは、営業側とかプロデュース側に立つ人間ではなく

同業の方なので余計に興味深いのデス。







写真は賛否両論あることでしょう。

当然、技術畑から見ると画像処理やらで

リアルな写真論議では邪道かもしれませんが

何より、今の写真展でどんだけ若い子らを呼ぶことができるか。

なぜか。商業写真って共感してナンボでもあるわけです。






集客があったから上とか、技術的に下とかという

意味ではありません。

写真の役目って場所も目的も違えば、評価される軸が違うということ。

そう、理屈ではなく感性で伝わる何か。











もう一度、そのような素直な目で観てみたいと思いました。



100224-ninagawa01.jpg


もうひとつ…

タカハシ的に、このロゴが気になりました。

既存の活字ではなく、オリジナルの書体。

筆のような「はらい」や「はね」のイメージを残つつ、

妖艶すぎず、かといって安っぽくなく

きちんと「蜷川実花」像を表現していませんか。





高知でこのサインとかフライヤー専用に作ったとしたら

スゴいですね、どなたか作者ご存知ですか。

東京とかで作っていても、それはそれでやっぱ納得する出来です。




たかが、文字。されど文字。






いい仕事は気持ちいい。










人気ブログランキングに参加しました。よろしくお願いします。











Comments:4

もりたけ URL 2010-02-26 (金) 01:55

詳しい事はわかりませんが、
自分もこの字体が気になり看板の写真を撮って
来ました。何か力を感じました。
これも共感"になるんでしょうか…

※近日、ご挨拶に行きます。遅くなり、すみません。

もりたけさんへ URL 2010-02-26 (金) 15:29

書体ってもってる漢字のフォルムで
ぜんぜん違ってくるので、この字やったら
こんなにしてあげると、喜ぶだろうな
という感じかなあ。
これって高橋和夫という文字をこのエレメントでやっても
たぶんマッチしないと思います。

ロゴって結構ムツカしい…

オイラ URL 2010-02-26 (金) 19:29

「軸の違い」であったり、
「理屈ではなく感性」というフレーズに反応しちゃいました。
写真という題材とは違う意味での共感・・・、なのかな?
オイラはそんな風に読ませていただきました。

オイラさんへ URL 2010-02-26 (金) 19:39

お久しぶりっす。
そうですね。理屈では伝わりません。
公式にない…
でも公式を持ってる側からすれば
どーも理解できないコトのようです。

で、全部ありという考え方。
シリアスもパフォーマンスもありの
全日本プロレス?(笑)

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://eastboss.blog31.fc2.com/tb.php/740-1140f939
Listed below are links to weblogs that reference
共感してナンボ from 四六時中、デザイン。

Home > 気になるデザイン > 共感してナンボ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。