Home > プライベート雑記帳

プライベート雑記帳 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

甘いもの攻め



130614.jpg


懸念されてた台風の日本上陸もなくなり

強行日程を組んだ出張も、無事終えられました。

今回も撮影隊を繰り出し、三重県の松阪市まで。





交通手段は機動性を考えてクルマ。

公共交通だと、どうしてもアクセス面で少し時間が調整できません。

意外にも東京や北海道の方が、時間かからないこともあります。

高知道から徳島道、淡路島を抜けて

名神から一気に松阪インターまで、行程約6時間ですが

この日は、途中のSAへ寄ったり、思わぬ渋滞に巻き込まれたり

結局、午後2時に高知を出て着いたのは午後9時。






ドライバー役のカメラマンさん、おつかれさま。





やはり、現地へ行くと、いろんな面が見えてきます。

もちろん、イメージと解離せず合致する点以外にも

課題が浮き彫りになるのですが、

これが結構、仕事としては面白いのですね。





ちょうど、少し努力さえすれば

叶えられるくらいの要求度が神様から

ミッションとして下される感じ(笑)



ま、その努力は実は少しでもないのですが

挑む気持ちになれるから不思議です。





そんな、こんなで甘味系の撮影でしたので

昼はぶっ通しで、この撮影品を賞味させていただくことで

ランチの替わりにしました。





結構、甘いものって、お腹が張ることも実感。

なぜか、反動で一行の舌は

ラーメンとか、フライものとか、こってり系の

食事を要求してたようです(笑)














RUN RUN


130606.jpg


6月に入って少し雨が続き、また3日頃から

晴れ間がのぞいてますが

たぶん、そんな天気のこと書いてると雨が降りそうです。




いつも、洗車をすると次の日か、少なくとも3日以内に

雨が降るというカエルみたいな特殊能力(笑)の持ち主。





RUNも、この時期は、できるだけ晴れてると

ノルマみたいに走っておこうという

一体、何のために走ってるのやら…(笑)

炎天下はほとんどスルーしますので、

だいたいいつも夕暮れになってから走ります。

ちょうど、この季節から夏場は、午後6時以降ですねえ。







こんな感じで真冬の寂しさはどこへやら、

うってかわって、超キモチイイRUNシーズン。

タカハシにとっての、6時間目の体育という感じで

汗かいてスッキリして、また一仕事。





いいリズムをつくるのも、自分の考え方次第かもしれません。

やらされるのでなく、できるだけ自発的に

それが、長続きするコツなんでしょうか。


余裕って



130517.jpg


久しぶりの投稿になってしまいました。

いつの間にか、1ヵ月以上も放置していると

スポンサー広告というのが貼られてました(汗)







本人的には

1ヵ月も経ったなんて思ってないんですが

1回さぼってしまうと、

ズルズルと「先延ばし」にしてしまう。






今日も久しぶりに早出をして

事務所の窓を空け、空気を入れ替え

ゆっくりとコーヒーなんぞを入れてメールチェックしたり

予定を確認したりして「余裕(笑)」のスタート。






たまに来たからって、えらそうに(笑)

なんですけど…

早起きがもたらす効果は、時間の配分もそうかもしれませんが

やっぱり、ココロの余裕かな。

追われることのない時間を持つ。




もう、これに限ります(笑)

だから、たまにはいい気分で、ブログにも

余裕で手が回るんだと思います。




週末のしめくくり、今日もいい日だ(笑)

では、では。





観光地オーラ



130416.jpg



こういう光景見る機会も減るのでしょうか…

やがてプリンターやパソコンから出力されたPOPに代わり… 

観光地という感じが最高。

やっぱ、台に乗って集合の記念撮影です(笑)





時代とともに、いつのまにか変わっていく風景。

これも実は、5年くらい前の写真。

今でも、この店あるでしょうか。

高知城にある観光客相手の写真屋さん。




観光地、というオーラがいい感じですね(笑)







初々しいねえ



130412-gakusei.jpg


初々しい後ろ姿は、おそらく

今年、中学生になったばかりの学生と思われる。

恐ろしいもので、制服がまだ慣れていないと

わかってしまいます(笑)




自分も、こうやって制服にソデを通し

中学校の門をくぐった覚えがよみがえります。





とにかく、上級生(先輩)、ものすごく大きく

そして恐く(笑)見えたものです。

友人たちの顔ぶれも変わり、緊張と不安の1年生だったような気がします。

やがて、気のあう友だちもでき、

今から思えば、一番楽しかった

学生時代になったのはいうまでもありません。







あれから四半世紀…いや30年以上も経ちますが

いまだに定期的に同窓会で会えたりと

お互いに老けゆくばかりですが、当時のまんま

クンづけで呼ばれたり、面白いもので

そのまま大きくなってるお互いがいます。

体型やシワ、シミ、白髪、薄毛には勝てませんけど(笑)

でも会えば、まんまなのですね。






彼らも、これから思い出の学生時代を

エンジョイしてほしいと思います。

がんばれ、学生たち。







Home > プライベート雑記帳

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。